日テレポシュレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日テレポシュレ』(にっテレポシュレ、英称:Nittele Poshlet)は、日本テレビ通信販売サイトと、同局(関東ローカル)にて放送されている同名番組のタイトル。「ポシュレ」というネーミングは「テレショップ」(teleshop)のスペルを逆さにもじったもの(アナグラムの一種)で、当時の担当プロデューサー棚次隆のアイデア。

2017年10月よりサイト名が「日テレ通販」から改称されたのに伴い、番組名も『日テレポシュレ』に統一された[1]

世界まる見え![編集]

バゲット』枠内で、月曜日から金曜日の11:15 - 11:24(以下、放送時間はすべてJST)に放送中。日テレアックスオン(旧:日本テレビエンタープライズ)の制作。

1996年10月から放送開始。主に主婦層をターゲットとした被服・カバン・食品系の商品を扱っている。毎回1~2品の商品を紹介している。

番組の変遷[編集]

時期 タイトル 司会 放送時間(NTV) 備考
[せ 1]



|| || rowspan="3" | ||





偽プラダ商品回収[編集]

深夜版[編集]

2005年10月8日(7日深夜)より『気になる通販ランキング!ポシュレデパート深夜店』として放送開始。2013年7月2日(1日深夜)より『ポシュレデパート深夜店』に改題。前身番組の『ポシュレアミーゴ』の流れを引き継いでいる。火曜未明(月曜深夜)を除く毎日未明(・早朝)帯に放送[2]。30分版・60分版・90分版が長らく放送されてきたが、最近では75分版に加え、45分版[3]も放送されるようになっている。また、日曜未明・早朝帯(土曜深夜)には『日テレアップDate!』開始の5:10までの間、長尺の生放送が行われることがある。日本テレビで放送されている通販番組で人気のある商品を中心に紹介される。

東日本大震災発生後、2011年3月30日(29日深夜)放送分まで当番組の放送を自粛し、『日テレNEWS24』のフィラーを通常時よりも前倒しでの拡大放送またはスポーツ特番を行うことで対応した。2011年3月31日(30日深夜)放送分から放送を再開している。ただし、2011年4月8日(7日深夜)放送分は7日23:32に発生した宮城県沖地震に伴い、『NNN緊急特番』[4]を放送したため、震災関連での再度の休止となった。

ネット通販「YAHOO!SHOPPING」や雑誌通販「ベルメゾン」とのコラボも展開するが、雑誌コラボは数回の放送で終了してしまった。また、タレント企画や日本テレビの番組から生まれた商品を多く扱っている。一例としては、サイパンの「ボージョボー人形」は『ザ!世界仰天ニュース』からピックアップされた。2011年4月1日(3月31日深夜)放送分からは地上デジタル放送では番組連動データ放送[5]を行っており、チャンネルを合わせるだけでデータ画面が現れる。

2014年10月2日(1日深夜)からは『ポシュレモダンモール』と改題し、2017年10月2日(1日深夜)まで放送された。

平日昼版をネットしていない一部の日本テレビ系列局でも放送されている。

2017年10月5日(4日深夜)から『日テレポシュレ』に改題・リニューアルして放送されている。

出演者[編集]

過去の出演者

ポシュレモーニング[編集]

2015年4月より、日曜朝 5:10 - 5:40に放送されている。通常のテレビショッピングを放送する回と、太川陽介が出演する「太川陽介のLuiLuiいいもの探し」を放送する回に分かれている。

おためしポシュレちゃん[編集]

BS日テレでは月曜 2:00 - 2:30

出演者[編集]

ラジオショッピング[編集]

  • 日本テレビ系列のラジオ兼営局を中心に、ポシュレのラジオショッピングが放送されることもある(青森放送など)。
  • 2013年2月11日には、文化放送と日テレグループのAMラジオ局、アール・エフ・ラジオ日本がラジオショッピング番組「ポシュレ・スペシャル」を共同制作した。

日テレポシュレ BS店[編集]

BS日テレでは『日テレポシュレ BS店』のタイトルで放送されている。

放送時間[編集]

  • 月〜金曜 5:20 - 5:30
  • 火〜土曜 2:30 - 3:00
  • 木曜 11:00 - 11:58
  • 土曜 8:00 - 8:59
  • 月曜 2:00 - 2:59

出演者[編集]

ほか

過去

スタッフ(日テレポシュレ)[編集]

  • 演出:小江翼
  • ナレーション:三石琴乃諏訪部順一栗田圭トビー上原
  • 構成:川原慶太郎、オガネクヨシタカ、工藤ひろこ
  • 美術:栗原和也
  • CG:堀江隆臣
  • 協力:りらいあコミュニケーションズ、アドレス通商、東京オフラインセンター
  • 技術・編集・MA:NiTRO
  • 技術・制作協力:RUMBLE BEE inc.
  • 音効:北澤寛之、江口晃史
  • 制作進行:内藤梨恵子
  • AP:大竹ゆうこ、小川典子
  • ディレクター:斉藤良大、佐藤伸一、赤坂祐貴、稲葉則央、小西梓美、島袋みさと、寺沢隆、土師恭子、平林淳
  • プロデューサー:鬼丸尚、里村匡史、椿有貴、中瀬博治、金田渉、松島美由紀、大嶽一豪
  • 統括:柴田裕次郎、小塩真奈
  • 制作:菅沼直樹
  • 制作協力:AXON
  • 製作著作:日テレ

過去のスタッフ[編集]

  • プロデューサー:土田健太、及川千津、羽村直子
  • 制作:面髙直子

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日テレポシュレリニューアルしました: | 日テレ通販 日本テレビのショッピングサイト
  2. ^ ただし、主に月曜未明(日曜深夜)はメンテナンスによる停波のため休止の場合がある。また、火曜未明であっても、『映画天国』が休止もしくは3:30以前に終了となった日は放送される。
  3. ^ 最初の事例 2012年11月10日早朝放送分
  4. ^ 当番組を放送するはずだった時間帯と重なる時間帯では、その第3部が3:00 - 4:00に放送された。後続の『Oha!4 NEWS LIVE』(4:00 - 5:50、日テレNEWS24制作)もその続きともいえる非常時対応での放送となった。
  5. ^ 日本テレビでは、同日から本番組の"後続"にあたる早朝の2番組『Oha!4 NEWS LIVE』・『ZIP!』(同日から番組開始)でも番組連動データ放送を開始している。なお、前者については一部系列局でも第2部のみこれを実施している。
  6. ^ 2018年1月30日に急逝。訃報が伝えられる直前の2月4日未明に放送されたVTR(2017年7月収録)が最後のテレビ出演となった。
  7. ^ “有賀さつきさん急死 52歳“女子アナブーム”火付け役 闘病隠して…”. スポーツニッポン. (2018年2月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/05/kiji/20180204s00041000363000c.html 2018年2月5日閲覧。 
  8. ^ “有賀さつきさん父 病院からの連絡で知る「まったく予想外でした」”. スポーツニッポン. (2018年2月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/05/kiji/20180205s00041000222000c.html 2018年2月5日閲覧。 


引用エラー: 「せ」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="せ"/> タグが見つからない、または閉じる </ref> タグがありません