日下輝子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

日下 輝子(くさか てるこ、1月11日生)とは元宝塚歌劇団花組主演娘役クラスの人物である。大阪府出身。宝塚歌劇団時代の愛称はオトク。

来歴[編集]

1938年28期生として、宝塚少女歌劇団(現在の宝塚歌劇団)に入団する。宝塚入団時の成績は29人中14位[1]1940年[1]、花組公演『世界の詩集』で初舞台。

1951年、花組副組長

同年11月[1]、宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目は花組・名古屋公演『虞美人[1]』である。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

  • 『懐しのアリゾナ』(花組)(1949年7月16日 - 8月8日、宝塚大劇場
  • 『宝塚おどり』(花・星組)(1950年12月1日 - 12月28日、宝塚大劇場)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』(監修:小林公一2014年4月1日阪急コミュニケーションズ、p.34)ISBN 9784484146010

関連項目[編集]