日俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日俊(にっしゅん、寛永14年(1637年) - 元禄4年10月29日1691年12月18日))は、日蓮正宗総本山大石寺第22世法主。

略歴[編集]

  • 寛永14年(1637年)、誕生。
  • 寛永17年(1640年)12月21日、母妙祐卒。
  • 寛文10年(1670年)9月2日、父照玄庵法壽卒。
  • 延宝8年(1680年)、21世日忍より法の付嘱を受け、22世日俊として登座。
  • 天和元年(1681年)4月、『法華本門取要抄記』を著す。8月、大聖人400遠忌、日興・日目350遠忌を修す。
  • 天和2年(1682年)2月、日俊、法を23世日啓に付嘱す。5月、客殿過去帳を再調。
  • 貞享2年(1685年)、大石寺に三師塔(中央大塔)を造立。
  • 元禄2年(1689年)3月8日、弁破日要義を著す。3月、大石寺重須本門寺と宗論して出訴。7月5日、重須僧日要大石寺を寺社奉行に訴う。11月16日、重須本門寺より大石寺を寺社奉行に訴う。
  • 元禄3年(1690年)2月18日、寺社奉行に返答書を出す。3月27日、大石寺・重須本門寺両寺出訴を取下ぐ。
  • 元禄4年(1691年)10月29日、56歳にて死去した。


先代:
日忍
大石寺住職一覧 次代:
日啓