日光交通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日光交通株式会社
Nikko-koutsu co.,ltd.
本社・日光営業所
本社・日光営業所
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
321-1413
栃木県日光市相生町8-1[1]
設立 1955年5月25日[1]
業種 陸運業
法人番号 5010601013997
事業内容 一般乗用旅客自動車運送事業
一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
普通索道による旅客運送事業
飲食店および売店の経営
駐車場の経営[1]
代表者 代表取締役社長 渡辺 剛志[1]
資本金 1423万円[1]
純利益 ▲7684万4000円(2020年03月31日時点)[2]
総資産 7億9215万3000円(2020年03月31日時点)[2]
従業員数 100名[1]
主要株主 東武鉄道
外部リンク https://www.nikko-kotsu.co.jp/
テンプレートを表示

日光交通株式会社(にっこうこうつう)は、栃木県日光市に本社を置く東武グループの交通事業者で、日光市内にてタクシー路線バス貸切バスロープウェイなどを運営している。

東武グループにおけるバスおよびタクシー事業者として、朝日自動車による朝日自動車グループの統括下にある。

概要・事業所[編集]

  • 商号 : 日光交通株式会社[1]
  • 所在地 : 栃木県日光市相生町8番1号[1]

現在の営業所[編集]

日光営業所[1]
  • 本社併設
ダイヤル営業所[1]
  • 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1390

以前あった営業所[編集]

宇都宮営業所[3]
  • 栃木県宇都宮市上横田町819-3

旧陽南タクシー株式会社を日光交通が吸収合併して宇都宮営業所としていた。宇都宮営業所は2011年11月30日をもって閉鎖された[4]。以前は小山地区にも営業所があり、タクシー事業を展開していた[要出典]

鬼怒川営業所[要出典]
  • 栃木県日光市藤原19
今市営業所[要出典]
  • 栃木県日光市今市1118
高徳営業所 ※ のりば機能は現存[要出典]
  • 栃木県日光市高徳465
湯西川営業所[要出典]
  • 栃木県日光市湯西川666

沿革[編集]

事業内容[編集]

一般路線バス[編集]

乗合車両。朝日自動車共通塗装に「NIKKO」
低公害バス「わたすげ」
タクシー

2008年に鬼怒川地区を営業拠点としていた東武ダイヤルバス株式会社(東武グループ)を日光交通が吸収合併、日光交通ダイヤル営業所とし、日光・下今市・鬼怒川温泉・湯西川温泉エリアにて路線バスを運行している[7]

鬼怒川温泉駅・ホテル間循環バス[編集]

元東武ダイヤルバスの事業のうち、鬼怒川地区のホテルと鬼怒川温泉駅間の共同送迎バス。統合後もブランドとして「ダイヤルバス」の名称を使っていたが[9]、現在は「鬼怒川温泉駅・ホテル間循環バス」という名称となっている[10]。 鬼怒川温泉駅発は、12時00分着~19時01分着の電車の到着を受けて鬼怒川温泉街のホテル・旅館を回る[10]。各ホテル・旅館発鬼怒川温泉駅行は、8時~10時40分の間20分間隔で運行しており、事前に各ホテル・旅館のフロントへ申し出る必要がある[10]。乗合車両又は中型・小型貸切車が使用される。

ホテル発テーマパーク行き直通バス[編集]

鬼怒川温泉駅から各ホテル・旅館を回り、東武ワールドスクウェア及び日光江戸村へ向かう。事前に各ホテル・旅館のフロントへ申し出る必要がある[11]

日光・鬼怒川直通バス(日光・鬼怒川エクスプレス)[編集]

鬼怒川温泉駅と東武日光駅及び西参道を結ぶ予約制の直行バス。 2019年時点では1日2往復設定されていたが[12]、2020年4月から当面の間運休となっている[13]

受託運行路線バス[編集]

観光バス[編集]

ダイヤル営業所で受け付けている。日光交通・旧東武ダイヤルバス双方が営業していた事業。

以前は日光地区の定期観光バスも運行していたが、東武バス日光に移管されている[6]

明智平ロープウェイ(日光普通索道)[編集]

  • 明智平 - 展望台(0.3km)

もともとは、「明智平」といろは坂の下にある「馬返」を結んでいた日光鋼索鉄道線ケーブルカー。1970年(昭和45年)4月1日廃止)やパノラマレストハウス(ドライブイン)などと共に東武鉄道が所有・運営していたが、1985年(昭和60年)4月1日に譲渡された。

タクシー[編集]

5人乗りのセドリックと9人乗りのトヨタ・ハイエースで運行されている。観光モデルコースも存在する[14]

車両[編集]

特にダイヤルバス営業所の車両は東武ダイヤルバスの車両を引き継いで営業している。車体の社名表記部分(左側面後部等)には「日光交通ダイヤルバス」と書かれ、日光交通本体と差別化されている。だだし、定期観光移管後は受託運行の低公害バスを除き、ダイヤルバス営業所にバス配置が集約され、従来からの日光交通である日光営業所へのバスの配置は無くなっている。

日野自動車いすゞ自動車が大半を占め、東武グループ各社からの中古車はロゴや社名の書き換えのみなので、複数のカラーリングが混在する。略記は"TDB"(Tobu Dial Bus、合併前導入車)/"NIKKO"(合併後導入車)。

  • ダイヤルバスオリジナル色
    • 白と朱色、腰部に朱色の帯。
    • 後に上記に加え東武グループ共通カラーの波状の帯が入るようになった。
    • 最末期は、東武グループ共通カラーを元にグラデーション部分と屋根がオレンジ色一色。
  • 朝日自動車標準色(路線車):白に赤と青の帯。朝日自動車、国際十王交通からの中古車で、東武ダイヤルバス時代及び日光交通合併後も導入されている。
  • 東武バス標準色
    • 路線車:クリーム色にオレンジとワインレッドの帯。東武ダイヤルバス時代のみ導入された。
    • 観光車:東武グループ共通カラーである白地にワインレッドからオレンジのグラデーション。東北急行バス国際十王交通両毛観光バス朝日自動車からの中古車のほか、日光交通本体より異動した車両がいた。
    • 観光車(旧塗装):白地に紺と藤色の帯。東武ダイヤルバス時代のみ。
  • 阪東自動車標準色(路線車):白地に青の風船状のデザインと緑の木の葉状のデザイン。合併後に導入。

このほか、2020年10月16日から11月8日まで星野リゾートの界 鬼怒川および界 川治で紅葉オープンバスツアーを実施するにあたって日光交通が運行を受託、日の丸自動車興業よりスカイバス東京オープントップバスを借り入れている[15]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 会社概要”. 日光交通. 2020年10月4日閲覧。
  2. ^ a b 日光交通株式会社 第85期決算公告
  3. ^ 宇都宮地区タクシーのご案内”. 日光交通. 2011年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧。
  4. ^ a b 宇都宮営業所閉鎖のご挨拶 (PDF)”. 日光交通. 2012年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧。
  5. ^ 10.運輸・通信」『栃木県統計年鑑 平成21年版』(PDF)栃木県、129頁。2020年10月4日閲覧。
  6. ^ a b 日光定期観光バス終了のお知らせ”. 日光交通 (2013年4月1日). 2013年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月21日閲覧。
  7. ^ 路線バス”. 日光交通. 2020年10月4日閲覧。
  8. ^ 消費税率引き上げに伴う路線バス(乗合バス)運賃の改定および路線バス・鬼怒川線の一部区間廃止・運行時刻の変更について | 最新情報 | 日光交通株式会社
  9. ^ ダイヤルバス”. 日光交通. 2018年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧。
  10. ^ a b c 鬼怒川温泉駅・ホテル間循環バス”. 日光交通. 2020年10月4日閲覧。
  11. ^ ホテル発テーマパーク行き直通バス”. 日光交通. 2020年10月4日閲覧。
  12. ^ 日光・鬼怒川直通バス(日光・鬼怒川エクスプレス)”. 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月4日閲覧。
  13. ^ 日光・鬼怒川直通バス(日光・鬼怒川エクスプレス)”. 日光交通. 2020年10月4日閲覧。
  14. ^ 観光タクシー”. 日光交通. 2020年10月4日閲覧。
  15. ^ “3密なし、混雑なしのもみじ狩り「紅葉オープンバスツアー」運行 ~オープンエアのスカイバスで、日光の知られざる紅葉スポットをめぐる~” (プレスリリース), 星野リゾート, (2020年9月30日), https://www.hoshinoresorts.com/information/release/2020/09/106236.html 2020年10月13日閲覧。 

関連項目[編集]