日光地震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

日光地震(にっこうじしん)は、1683年6月17日 - 10月20日天和3年5月23日 - 9月1日)に、栃木県北部の日光付近で発生した群発地震である。6月17日と18日、そして10月20日と、相次いで大きな地震が発生した[1]天和日光地震とも[2]

概要

規模の大きい地震では、6月17日辰の刻(午前7時ごろ)にM6.0 - 6.5、6月18日午前10時頃にM6.5 - 7.0(翌日未明までに196回も地震が発生)、10月20日にM7.0±14の地震が発生した。1683年4月頃から日光付近で群発地震が続き、6月17日には卯の刻から子の刻までの1日に89回も地震が発生した[3][4]。この地震の原因は、関谷断層の活動である可能性が指摘されている[5]

被害

地震により、日光東照宮などに大きな被害が出たほか、江戸表でも有感となり、江戸城内の築屋が崩れた。

10月20日の地震では、下野三依五十里村で山崩れが起き、河川を塞いだため、五十里湖という湖が形成された[1][3][6]。この堰止湖は、40年後の1723年台風によって決壊し、鬼怒川下流において死者約1,200人の被害をもたらした。

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 宇都宮地方気象台|栃木県の主な地震災害”. www.jma-net.go.jp. 2020年10月5日閲覧。
  2. ^ 井口隆, 八木浩司「空から見る日本の地すべり地形シリーズ-25- : 天和日光地震(1683年)による葛老山の地すべり地形」『日本地すべり学会誌 : 地すべり』第49巻第5号、日本地すべり学会、2012年9月、 292-293頁、 doi:10.3313/jls.49.292ISSN 13483986NAID 100311228462020年11月11日閲覧。
  3. ^ a b 想定される地震の規模、被害の予測
  4. ^ 寒川旭「街道 宿場の移転と地震 - 塩原街道と関谷宿について - (PDF) 」 『考古学と自然科学』第21巻、1989年、 85-92頁、 NAID 10007429200
  5. ^ 栃木県の地震活動の特徴 - 地震調査研究推進本部”. www.jishin.go.jp. 2020年10月5日閲覧。
  6. ^ 中筋章人, 宮田直樹, 西真佐人「日光火山地域における大規模崩壊危険度評価と影響予測」『日本地すべり学会誌』第40巻第1号、日本地すべり学会、2003年、 57-62頁、 doi:10.3313/jls.40.57ISSN 1348-3986NAID 130003857293