日光江戸村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日光江戸村

Edo Wonderland Nikko Edomura 01.JPG

施設情報
事業主体 株式会社時代村
所在地 321-2524
栃木県日光市柄倉470-2
公式サイト www.edowonderland.net
テンプレートを表示

江戸ワンダーランド日光江戸村(えどワンダーランドにっこうえどむら)は、江戸時代の文化を肌で体感できるカルチュラルパークだ。広大な敷地には、街道、宿場、商家街、忍者の里、武家屋敷など実物さながらの町並みが再現されている。江戸人たちとのふれあいや三味線体験・紅体験など、様々な体験イベントを通して、活きた江戸の息吹に触れることができるほか、客自身もお着替えをして江戸人になりきることもできます。芝居が見られる劇場、歴史や文化を学ぶことができる展示館、そして、ここでしか味わえないお食事など、まさに百花繚乱の“EDO”があなたの旅の思い出を彩る。


江戸時代の文化や生活を集大成したテーマパークである。正式名称は2003年より「江戸ワンダーランド 日光江戸村」となった。

1986年4月23日栃木県塩谷郡藤原町(現在の日光市鬼怒川地区)に開設された。総敷地面積は495,000m2(15万坪)。

園内は江戸時代中期(元禄から享保年間)の町並みを再現し、忍者活劇や華麗な花魁道中などのアトラクションが呼び物である。近年では、キャラクターニャンまげ」を用いたテレビCMが有名。時代劇撮影ができるオープンセットもある。逃走中戦闘中などのバラエティ番組や、テレビドラマ映画のロケ地としても使われている。

有料アトラクション[編集]

  • 屋形船 - 江戸の町を取り囲むお堀を遊覧できる。
  • 手裏剣道場 - 手裏剣の修行場。
  • 矢場 - 弓矢の道場。

営業時間[編集]

  • 夏期(3月20日 - 11月30日):9:00 - 17:00
  • 冬期(12月1日 - 3月19日):9:30 - 16:00

入園料[編集]

本施設では、入園券の名称が「手形」となっている。

1日手形[編集]

  • 大人:4,800円
  • 小人:2,500円

午後手形[編集]

:14時以降、:13時以降入園可能

  • 大人:4,100円
  • 小人:2,100円

そのほか、障害者割引、シルバー割引あり。

アクセス[編集]

関連施設[編集]

江戸ワンダーランド
その他
2002年4月、当時の親会社「大新東株式会社」が茨城県の第三セクター「メディアパークつくば」より運営全般を受託(アウトソーシング

関連項目[編集]

ギャラリー[編集]

座標: 北緯36度47分32秒 東経139度41分46.7秒 / 北緯36.79222度 東経139.696306度 / 36.79222; 139.696306