日刊競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社日刊競馬新聞社
種類 株式会社
本社所在地 141-0032
東京都品川区大崎一丁目10-1
設立 1950年(昭和25年)
業種 情報・通信業
法人番号 5010701007387
事業内容 競馬新聞発行
代表者 代表取締役 谷由紀
資本金 1000万円
売上高 約16億円
従業員数 81名
主要子会社 有限会社三平印刷所
有限会社函館レーシングサービス
外部リンク http://www.nikkankeiba.co.jp/index.htm
テンプレートを表示

日刊競馬(にっかんけいば)とは、株式会社日刊競馬新聞社が関東エリアを中心に発刊している中央競馬南関東競馬専門新聞である。1950年(昭和25年)、南関東版が先に創刊。3年後の1953年(昭和28年)に中央版が創刊され、両版を合わせて毎日発行される体制となった。

2008年8月まではオートレース川口オートレース場でも専門新聞の「日刊オート」を販売していた。

朝刊スポーツ紙日刊スポーツ、およびその版元である日刊スポーツ新聞社との関係は全くない。

中央版[編集]

日刊競馬
Nikkan Keiba
販売されている日刊競馬(左列真ん中)
種類 競馬新聞(原則中央競馬開催日前日)

事業者 株式会社日刊競馬新聞社
本社 (東京都品川区大井立会町397→)
(東京都品川区東大井5-26-29→)
東京都品川区大崎1-10-1
創刊 1953年(昭和28年)3月[1]
言語 日本語
価格 1部 (紙版)470円
(コンビニプリント版)500円
(PDF新聞)当日全レース掲載版500円
レース単位で選択の場合1レースにつき86円
ウェブサイト http://www.nikkankeiba.co.jp/index.htm
テンプレートを表示

日本競馬新聞協会、関東競馬新聞協会加盟紙。北海道〜関東エリアにおいて主場版と従場(ローカル)版の2種類を発行(関西エリアは特別レースを中心に掲載)。価格は470円で8ページ建て、馬柱は縦組み、一般新聞サイズ。1面と最終面がカラー刷り(従場で発行されるものは二色刷の場合もある)。

レース情報と予想が記事のほぼすべてを占める競馬専門紙の中では、山野浩一の「血が駆ける」、吉川良の「競馬人情」、柏木集保の「編集長の競馬」など、コラムが充実しているのも特徴。

看板評論家は編集長を務める柏木と飯田正美(主場版本紙予想)だったが、柏木は加齢に伴い2018年(平成30年)5月27日付紙面限りで毎開催日のレギュラー予想を退いた。なお、従場版の本紙予想は馬齢やレースの条件で担当を変えて行われている(以前は主場版も)。

放送メディアとの関係[編集]

日刊競馬新聞社は古くから、関東地方以北の地上波民放テレビラジオ局で放送される競馬中継番組に多くのスタッフを送り込んできた。ライバル紙だったダービーニュースの休刊後は関東の競馬専門マスメディアでトラックマンの放送系メディア出演が最も多くなった。

ラジオではラジオNIKKEI第1放送『中央競馬実況中継』で、昼前後の競馬専門紙提供枠[2]に長年協賛するとともに解説者を派遣している。またラジオ福島福島競馬実況中継』には2013年(平成25年)から、それまでのダービーニュースに代わって多くのトラックマンを派遣している。1980年代には当時本紙予想担当だった臼井治がニッポン放送日曜競馬ニッポン』に出演した。フジサンケイグループとの間に資本関係はないが、臼井が産経新聞社発行の競合紙競馬エイトへ移籍した後もニッポン放送と日刊競馬新聞社は良好な関係を維持している。

ちなみにラジオ日本(『競馬実況中継』)にはレギュラー解説者を派遣したことはないが、ダービーニュースの廃刊に伴い移籍した沢田美紀が前所属時代から不定期にゲスト扱いで出演していた。

1984年(昭和59年)、関東独立U局『中央競馬ハイライト』がスタート。担当制作会社マイ・プランと提携するとともに、同番組のスポンサーに就き、解説者の派遣を始めた。翌1985年(昭和60年)には昼間の『中央競馬ワイド中継』(日曜)もスタートし、こちらにも解説者を派遣した。

2011年(平成23年)、JRA東西独立U局で放送されていた競馬中継をBSデジタルによる全国一斉放送に切り替えることにし、BS11と組んで『BSイレブン競馬中継』『うまナビ!イレブン』をスタートさせた。これに伴い『ワイド中継』『ハイライト』に出演していた日刊競馬トラックマンは多くが移行した。なお関東の独立U局ではその後も『LIVE&REPORT 中央競馬中継』『金曜競馬CLUB』『競馬展望プラス』といった競馬関連番組が放送されてきたが、これらの番組にも日刊競馬のスタッフが引き続き派遣されている。

テレビコマーシャル[編集]

CM梅田凡乃のボーカル[3](当初は女性ボーカルだった)による「もう振り向くな、青春は風の中」の出だしで始まるオリジナルソングの30秒CMと、柏木・飯田の看板評論家(特に柏木)を前面に押し出した15秒CMの大きく分けて2パターンとなっている。尚、2011年現在、関東の地上波テレビ競馬関連番組にてCMが放映されている競馬専門紙は当紙のみ[4]となった。

主なトラックマンのメディア出演[編集]

現在
  • 飯田正美 - チバテレ金曜競馬CLUB』、ラジオNIKKEI中央競馬実況中継』(第1放送、日曜)、自社テレビCMに出演。また『ワイド中継』(日曜)『ハイライト』(土曜)を歴任。
  • 小木曽大祐:グリーンチャンネル中央競馬中継』(主に新潟開催パドック解説)、ラジオNIKKEI中央競馬実況中継(第1放送、日曜)、『BSイレブン競馬中継』、ラジオ福島福島競馬実況中継』にも出演。またBSNテレビワンダフル競馬』を歴任。
  • 久保木正則:ラジオNIKKEI(第1放送、土曜)、グリーンチャンネル(主に関東主場パドック解説)、BSイレブン競馬中継(日曜、夏の新潟開催のみ)に出演。
  • 黒津紳一 - グリーンチャンネル、『福島競馬実況中継』に出演。『うまナビ!イレブン』レギュラー、『ワイド中継』(日曜)準レギュラーも歴任。
  • 郡和之 - 『うまナビ!イレブン』東京開催時レギュラー解説。BSイレブン競馬中継、ラジオNIKKEI(第1放送、日曜)、福島競馬実況中継にも出演。
  • 小松真也 - 福島競馬実況中継(日曜、第三場開催時)担当。
  • 沢田美紀 - ダービーニュース在籍時代から『ラジオ日本競馬実況中継』に不定期出演。移籍後は『福島競馬実況中継』にレギュラー出演。ラジオNIKKEIにも夏の新潟開催を中心に不定期出演。
  • 志村竜一 - 福島競馬実況中継(土曜、第三場開催時)、ラジオNIKKEI(第1放送・夏の北海道開催時)に出演。
  • 桧原正行:グリーンチャンネル解説者。ラジオNIKKEI(第1放送、土日とも)で他の解説者の予備役。また『ワイド中継』(日曜)準レギュラーを歴任。
  • 藤本貴久 - BSイレブン競馬中継(土曜)東日本パドック解説、『ワンダフル競馬』レース解説担当。
  • 宮崎秀一 - ラジオNIKKEI(第1放送、日曜)、BSイレブン競馬中継(土曜・夏の新潟開催のみ)に出演。また『ワイド中継』(土曜)を歴任。
  • 宮崎弘貴 - 福島競馬実況中継(土日とも)第三場開催時パドック解説担当。ラジオNIKKEI(第1放送、日曜)に不定期出演。
  • 若狭有菜 - 『うまナビ!イレブン』夏開催時にゲスト扱いで出演。
過去
  • 臼井治 - 同社在職中からニッポン放送日曜競馬ニッポン』に出演。競馬エイトへ移籍後も継続し、2018年(平成30年)12月まで務めた。
  • 大川浩史 - 『うまナビ!イレブン』スタート当初、中山開催時に出演。2012年に退任。
  • 柏木集保 - 自社TVコマーシャルに出演。また『ワイド中継』(土・日とも)、『ハイライト』(日曜)、『LIVE&REPORT 中央競馬中継』(土日とも)、『競馬展望プラス』(関東版、毎月第3週のみ)、ラジオNIKKEI(第1放送・日曜)、グリーンチャンネル解説者を歴任。
  • 中西徹 - 『競馬展望プラス』(関東版、毎月第1週のみ)を歴任。

南関東版[編集]

日刊競馬(南関東版)
種類 日刊紙(原則南関東公営競馬開催日前日)

事業者 株式会社日刊競馬新聞社
本社 (東京都品川区東大井5-26-29→)
東京都品川区大崎1-10-1
創刊 1950年(昭和25年)
言語 日本語
価格 1部 (紙版・関東エリア)520円
(紙版・関東以外)540円
(コンビニプリント版)520円
(PDF新聞)当日全レース掲載版550円
レース単位で選択の場合1レースにつき86円
ウェブサイト http://www.nikkankeiba.co.jp/index.htm
テンプレートを表示

大井川崎船橋浦和各競馬版を発行している。価格は520円(南関東版は各社同価格)で4〜6ページ建て、馬柱は縦組み、一般新聞サイズ。中央版同様、1面と最終面がカラー刷り。南関東の競馬専門紙ではトップシェアを占めるとされる。

看板評論家は大井競馬の本紙予想担当として活躍していた吉川彰彦。過去の所属者としては、1998年まで東京シティ競馬中継やグリーンチャンネルなどの地方競馬関連番組に解説役で出演していた、小林分場担当トラックマンであった栗原正光が知られる。

なお、南関東地方版でも統一重賞開催の場合は中央版本紙担当の飯田や柏木が出張してきて、予想を披露することがあった。

地方担当トラックマンの放送系メディア出演[編集]

現在[5]
  • 市川俊吾 - TOKYO MX東京シティ競馬中継』に出演。
  • 小山内完友 - グリーンチャンネル『地方競馬中継』に出演。また『東京シティ競馬中継』を歴任。
  • 佐瀬幸司 - スカパー南関東地方競馬チャンネル南関東地方競馬中継』(船橋)解説者。
  • 辻井光多郎 - 『南関東地方競馬中継』(浦和)解説者。
  • 津田英憲 - 『南関東地方競馬中継』(川崎)解説者。
  • 吉川彰彦 - 元本紙予想担当。南関東地方競馬チャンネル『東京シティ競馬実況中継』、『グリーンチャンネル地方競馬中継』解説者。
過去
  • 小黒哲雄 - 元浦和競馬担当チーフ。テレビ埼玉BACHプラザ』を歴任。
  • 栗原正光 - 『東京シティ競馬中継』、グリーンチャンネル『全国競馬便り』を歴任。2010年(平成22年)9月25日死去[6]
  • 高橋光男 - 『東京シティ競馬中継』を歴任。

ネット版[編集]

ウェブサイトはオンラインによる紙面購入(1レースあたり86円)や、特別登録馬情報、過去のGIレースを紙面で振り返る企画など、ページの充実が進んでいる。また、無料のメールマガジンでは柏木、飯田のメインレースの予想が掲載されている。

脚注[編集]

  1. ^ 日刊競馬で振り返る名馬 ハクリヨウ - 日刊競馬ホームページ。
  2. ^ 2006年4月改編まで『ラジオたんぱ競馬中継』と呼ばれていた枠。
  3. ^ 梅田凡乃(NewJack拓郎)プロフィール(pdf)
  4. ^ 2010年12月までの『ワイド中継』では旧競馬研究競馬ブックのCMも放映されていたが同番組の終了により、地上波テレビ中継においては遂に当紙だけとなった。
  5. ^ 日刊競馬地方版スタッフ紹介 - 日刊競馬ホームページ。
  6. ^ 1998年(平成10年)10月30日、大井競馬場で行われた第3回スーパーダートダービー終了後に脳内出血を起こして倒れ、番組出演を小山内に譲り、退職して治療に専念。数年後には車椅子で競馬場を度々訪れる程の回復を見せたものの、2010年の第57回日本テレビ盃当日、船橋競馬場内で再び脳出血を起こした。
    栗原正光さん - YamanoWeb.com 2010年9月27日更新。

関連項目[編集]