日医工スポーツアカデミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日医工スポーツアカデミー
"フットボールセンター富山"
日医工スポーツアカデミー
施設情報
所在地 富山県滑川市高月町129番
位置 北緯36度45分27秒 東経137度19分17秒 / 北緯36.757634度 東経137.321464度 / 36.757634; 137.321464
起工 2012年
開場 2013年5月25日
運用者 特定非営利活動法人フットボールセンター富山
グラウンド 人工芝
ピッチサイズ 105m×68m
照明 LED照明
大型映像装置 なし
建設費 5億7800万円
建設者 佐藤工業
使用チーム、大会
北信越フットボールリーグほか
収容能力
アクセス
あいの風とやま鉄道 滑川駅から3.5km

日医工スポーツアカデミー(にちいこうスポーツアカデミー)は、富山県滑川市にある、サッカー場を中心とした複合スポーツ施設。

概要[編集]

2012年に閉校となった富山県立海洋高等学校の跡地利活用策として、富山県・滑川市・富山県サッカー協会が「フットボールセンター富山」(富山県フットボールセンター)として整備した施設で、2013年5月25日に竣工・開場した[1]。建設主体の3者が参画する「特定非営利活動法人フットボールセンター富山」が運営する。建設に当たっては日本サッカー協会 (JFA) および日本スポーツ振興センターからの助成金を受けている。

国際サッカー連盟 (FIFA) 公認サイズのロングパイル人工芝グラウンドが2面あり、うち1面は公式戦が開催可能なJFA公認の人工芝グラウンドとなっている。東芝ライテックメタルハライドランプ1kW形相当として試作・開発した発光ダイオード (LED) 投光器が合計96台納入されており[2]、高さ13.5mの照明柱8基(4基×2面)に、各12台のLED投光器が設置されている[3]。LEDの導入により、メタルハライドランプに比べて消費電力を約56%削減する効果があるという。

JFA公認グラウンドでは北信越フットボールリーグの会場として使用されることがあり、ヴァリエンテ富山富山新庄クラブが本グラウンドにてホームゲームを開催している。また、全国高等学校サッカー選手権大会富山県大会も本施設で開催される。

サッカーグラウンド以外では、旧海洋高校の施設を利用したアリーナ(体育館、37m×29m)、レスリング場、トレーニングルーム、セミナーハウスを有する。

建設着手時点から施設命名権が導入され、富山市に本拠を置く後発医薬品メーカーの日医工が命名権を取得[4]。開場当初から「日医工スポーツアカデミー」の名称が用いられている。

関連項目[編集]

出典[編集]