日原傳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ひはら つたえ
日原 傳
生誕 (1959-04-30) 1959年4月30日(58歳)
日本の旗 日本 山梨県
出身校 東京大学
職業 俳人中国文学研究家
肩書き 法政大学教授
配偶者 明隅礼子
受賞 俳人協会新人賞(2009年)

日原 傳(ひはら つたえ、1959年昭和34年)4月30日[1] - )は、日本俳人中国文学研究家山梨県に生まれる。1979年(昭和54年)、東大学生俳句会に入会し、小佐田哲男、有馬朗人山口青邨の指導を仰ぐ。1984年(昭和59年)に東京大学文学部を卒業。1990年平成2年)に有馬朗人主宰の「天為」の創刊に参加。1992年(平成4年)に同大学大学院人文科学研究科博士課程を単位修得後退学する。1999年(平成11年)に法政大学人間環境学部助教授2003年(平成15年)に同大学同学部教授に就任する。

2009年(平成21年)、句集『此君』で第32回俳人協会新人賞を受賞する。妻の明隅礼子も俳人。

著書[編集]

  • 『江湖』(花神社、2002)
  • 『此君』(ふらんす堂、2008)
  • 『素十の一句』(ふらんす堂、2013)

共編・共著[編集]

  • 『玩鴎先生詠物百首注解』鈴木健一杉下元明、杉田昌彦、青木隆他(太平書屋、1991)
  • 『新日本古典文学大系明治編/海外見聞集』松田清・ロバート・キャンベル・鈴木健一・杉下元明・堀口育男・堀川貴司・山崎一穎・斎藤希史他(岩波書店、2009)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.462

参考[編集]