日吉正和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日吉正和
Masakazu-Hiyoshi20111016.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県
生年月日 (1972-01-01) 1972年1月1日(46歳)
身長 153cm
体重 48kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 栗東・湯浅三郎(1991.3 - 1994.9)
栗東・フリー(1994.6 - 2002.12)
栗東・作田誠二(2002.12 - 2003.7)
初免許年 1991年
免許区分 平地・障害
騎手引退日 2003年7月20日
通算勝利 2118戦93勝(うち障害1勝)
調教師情報
初免許年 2010年(2011年開業)
調教師引退日 2016年10月20日
経歴
所属 JRA騎手(1991.3 - 2003.7)
岡田稲男/調教助手(2003.7 - 2004.4)
野元昭/調教助手(2004.5 - 2007.9)
作田誠二/調教助手(2007.9 - 2009.6)
吉岡八郎/調教助手(2009.7 - 2010.2)
栗東T.C.(2010.3 - 2016.10)
テンプレートを表示

日吉 正和(ひよし まさかず、1972年1月1日 - )は、日本中央競馬会(JRA)・栗東トレーニングセンターに所属していた元調教師・元騎手

来歴[編集]

1991年、JRA競馬学校を第7期生として卒業して騎手免許を取得し、栗東の湯浅三郎厩舎所属でデビュー。同期には四位洋文藤田伸二らがいる。

初騎乗は1991年3月2日、中京競馬第1競走のキョウワカガヤキで、13頭立ての10着。初勝利は1991年3月23日の京都競馬第12競走のエイシンテイオーで挙げた。デビュー15戦目だった。

2002年6月9日、中京競馬第5競走のタケカソウルネバーで障害初騎乗初勝利を挙げた。

1992年9月6日、小倉3歳ステークスでデイリープラネットに騎乗し重賞初騎乗(10着)。

2003年7月20日付で騎手を引退し、岡田稲男厩舎の調教助手に転身した。騎手成績は2118戦93勝(うち障害戦7戦1勝)であった。

2010年2月に調教師免許試験に合格[1]。3月1日より技術調教師として活動する。

2011年3月1日付で調教師として新規開業(栗東:馬房数14)[2]

2016年5月8日京都競馬場で暴れた他厩舎の馬に蹴られて頭部を負傷。命に別状はなかったものの回復が思わしくないことから厩舎運営を断念[3][4]し、10月3日、JRAへ勇退届を提出、調教師を勇退することが発表され、同日20日付で厩舎は解散となった。なお、日吉に代わり同月21日付で杉山晴紀が厩舎を開業し、旧・日吉厩舎の管理馬の大半が引き継がれた[5][6]

騎手成績[編集]

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 92 107 136 2111 .044 .094
障害 1 0 0 7 .143 .143
93 107 136 2118 .044 .094
日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1991年3月2日 4歳未勝利 キョウワカガヤキ 13頭 12 10着
初勝利 1991年3月23日 5歳上900万下 エイシンテイオー 16頭 1 1着
重賞初騎乗 1992年9月6日 小倉3歳S デイリープラネット 16頭 3 10着
障害初騎乗・初勝利 2002年6月9日 障害未勝利 タケカソウルネバー 14頭 14 1着

調教師成績[編集]

日付 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2011年3月27日 3歳未勝利 カシノエイト 13頭 10 11着
初勝利 2011年6月11日 3歳未勝利 ゼロセン 13頭 5 1着
重賞初出走 2011年5月8日 新潟大賞典 ヤマニンウイスカー 15頭 11 7着

おもな厩舎所属者[編集]

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

  • 山本勝彦(2011年 - 2016年 調教助手)
  • 高野容輔(2011年 - 2013年頃 調教助手)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年度 調教師・騎手免許試験合格者(JRA公式ウェブサイト)
  2. ^ 2011年3月1日付け 調教師別貸付馬房数一覧表(栗東)(JRA公式ウェブサイト)
  3. ^ 日吉正和調教師が勇退 馬に蹴られ…運営断念 - デイリースポーツ online 2016年10月3日(同日閲覧)
  4. ^ 日吉調教師が20日付で勇退 杉山調教師が21日付で新規開業 - スポーツ報知 2016年10月3日(同日閲覧)
  5. ^ 日吉 正和調教師の勇退ならびに新規調教師の開業について - JRAニュース(JRA公式ウェブサイト)2016年10月3日(同日閲覧)
  6. ^ 転厩馬について (PDF) - JRA報道室リリース 2016年10月20日(PDF文書)

関連項目[編集]