日向夢子調停委員事件簿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日向夢子調停委員事件簿
ジャンル テレビドラマ
原作 夏樹静子
西村寿行
脚本 田中江里夏
演出 七高剛
石川剛
本橋圭太
出演者 三田佳子
坂井真紀
北村総一朗
製作
プロデューサー 小田切成明
曽根和子
指田貴行
大庭成子
制作 フジテレビ
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
第1作 - 第4作
(金曜エンタテイメント)
オープニング歴代テーマ曲を参照
エンディング第1作 歌凛「かけがえのないもの」
第2作 池田綾子「僕たちのTomorrow」
第3作 HIBARI「愛と呼ぶもの」
第4作 KOKIA「time to say goodbye」
放送期間2003年8月1日 - 2006年6月9日
放送時間変遷を参照
回数4
第5作
(金曜プレステージ)
オープニング番組オープニングCGを参照
エンディング徳永英明花束
放送期間2008年8月22日
放送時間放送時間の変遷を参照
回数1
金曜プレステージ
テンプレートを表示

日向夢子調停委員事件簿』(ひゅうがゆめこちょうていいいんじけんぼ)は、2003年から2008年までフジテレビ系で放送されたテレビドラマシリーズ。全5回。主演は三田佳子

放送枠は「金曜エンタテイメント」(第1作 - 第4作)、「金曜プレステージ」(第5作)。

第1作から第4作までの原作は夏樹静子で、正式なタイトルは『夏樹静子サスペンス』と冒頭に入る。第5作の原作は西村寿行

第1作のタイトルは「調停委員日向夢子の事件簿」で、第2作以降「日向夢子調停委員事件簿

キャスト[編集]

東京家庭裁判所[編集]

日向夢子
演 - 三田佳子
民事調停委員。元・高校教師。夫である善造は伝説の名判事であったが、15年前に何者かに殺害されている。趣味はバードウォッチング。
織田麻里
演 - 坂井真紀
民事調停委員で、現在は刑事事件担当の弁護士も兼任(第5作)。夢子の家に居候している。幼稚園の頃、「劇団こひばり」にいた事がある。
氷室敬吾
演 - 北村総一朗
主任調停委員。名判事であった夢子の亡き夫を尊敬するも、その妻が夢子だとは気付いていない。夢子と麻里が捜査に首を突っ込むあまり、処理すべき案件が溜まっていくことに困っている。

警視庁江戸前警察署[編集]

諸星光一
演 - 赤坂泰彦
刑事課刑事。階級は警部。キャリア出。夢子は高校時代の担任であり、恩師である。そのため、捜査に首を突っ込む夢子に強く注意できないところも。源介とは元・暴走族仲間で、現在の立場になってもその関係は変わらない。
香月
演 - 木村昇(第2作 - 第5作)
刑事課刑事。諸星の部下。諸星を「キャリアの星」と慕うが、一方で源介から語られる諸星の過去に驚いている。

居酒屋[編集]

山本源介
演 - 山崎銀之丞
居酒屋主人。元・暴走族「青い稲妻」のリーダー。夢子は高校時代の担任であり、恩師である。店の客でもある彼女を昔の恩義か、助けている。
森達彦
演 - 森宮隆
居酒屋従業員。源介の弟分的存在。愛称は「たつ、たっちゃん」。麻里の事が好きだが、片思いである。

ゲスト[編集]

第1作「殺意」(2003年)
第2作「見知らぬ夫」(2004年)
第3作「哀しい天罰」(2005年)
第4作「復讐」(2006年)
第5作「高価な代償」(2008年)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 原作 脚本 演出 視聴率
1 2003年8月01日 殺意 夏樹静子「路上の奇禍」 田中江里夏 七高剛 16.3%
2 2004年3月12日 見知らぬ夫 夏樹静子「見知らぬ夫」
(「ガラスの絆」所収)
石川剛 14.4%
3 2005年1月21日 哀しい天罰 夏樹静子 七高剛 14.1%
4 2006年6月09日 復讐 夏樹静子 本橋圭太 13.9%
5 2008年8月22日 高価な代償 西村寿行「高価な代償」
(「原色の蛾」所収)
七高剛 08.2%

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール - キャロット(アーカイブ)
  2. ^ プロフィール - 有限会社マージ(アーカイブ)
  3. ^ バイオグラフィ - トヨタオフィス(アーカイブ)
  4. ^ バイオグラフィー - 大久保運オフィシャルサイト
  5. ^ プロフィール - エムズエンタープライズ