日商プログラミング検定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日商プログラミング検定
実施国 日本の旗 日本
資格種類 公的資格[1]
分野 コンピュータ・情報処理
試験形式 CBT
認定団体 日本商工会議所
認定開始年月日 2019年1月6日
等級・称号 EXPERT - STANDARD - BASIC - ENTRY
公式サイト 日商プログラミング検定公式サイト
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

日商プログラミング検定(にっしょうプログラミングけんてい)とは、日本商工会議所が実施する、プログラミングスキルの学習を支援するための検定試験(商工会議所検定試験)である。

等級[編集]

EXPERT

プログラマとしての基本能力を問う。仕様書をもとにソフトウェアの一部を作成するなど、IT技術者としての基本的能力を言語別に問う。

言語はC言語JavaVBAの中から選択する。2020年(令和2年)10月よりPythonを追加予定。

STANDARD

高校大学専門学校等でのプログラミング学習の習得度を問う。企業においてIT化を先導できる、プログラミングに関する基本知識・スキルを言語別に問う。

言語はC言語JavaPythonVBAの中から選択する。

BASIC

プログラミングに関するITの基本知識、簡単なアルゴリズムについて問う。

ENTRY

初学者向けに、ビジュアル言語「Scratch」による簡単なプログラミングおよびプログラミング的思考を問う。

受験資格[編集]

特になし

試験の実施[編集]

インターネットを利用したCBT方式で実施され、受験したその場で採点、合否が分かる。

歴史[編集]

  • 2018年11月16日 検定創設アナウンス[2]
  • 2019年1月6日 ENTRY試験開始[3]
  • 2019年10月28日 EXPERT試験開始[4]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 商工会議所法第9条第9号
  2. ^ 「日商プログラミング検定」の創設について”. 日本商工会議所. 2019年10月15日閲覧。
  3. ^ 「日商プログラミング検定 ENTRY」を開始”. 日本商工会議所. 2019年10月15日閲覧。
  4. ^ 「日商プログラミング検定EXPERT」を先行実施”. 日本商工会議所. 2019年10月15日閲覧。