日岡古墳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日岡古墳
Hinooka-kofun.jpg
全景(左側が後円部)
所在地 福岡県うきは市吉井町若宮
位置 北緯33度20分39.8秒
東経130度46分02.4秒
形状 前方後円墳
規模 全長80m、高さ5m
埋葬施設 両袖型横穴式石室
築造時期 6世紀前半
史跡 昭和3年(1928年)国の史跡に指定
特記事項 石室内に壁画
テンプレートを表示

日岡古墳(ひのおかこふん)は、福岡県うきは市吉井町に所在する前方後円墳である。国の史跡に指定。付近の月岡古墳や塚堂古墳とともに若宮古墳群を形成する。

概要[編集]

  • 墳丘長80メートル[1]
  • 後円部径40メートル・高さ5メートル
  • 前方部幅40メートル・高さ4メートル

若宮八幡宮境内の東に所在し、一重の周濠が巡っている。すぐ西側に月岡古墳が所在する。

交通アクセス[編集]

なお石室見学を希望する場合は吉井歴史民俗資料館へ申込み(原則一週間前)すること。申込みをすれば、月岡古墳長持形石棺珍敷塚古墳石室も見学できる。

また石室内は撮影禁止なので注意。

脚注[編集]

  1. ^ 大塚初重小林三郎・熊野正也編 『日本古墳大辞典』東京堂出版、1989年、484-485頁。

関連項目[編集]