日島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日島
座標 北緯32度55分28.4秒
東経128度57分46.8秒
座標: 北緯32度55分28.4秒 東経128度57分46.8秒
面積 1.39 km²
最高標高 (バンヤノ峠)244 m
所属諸島 五島列島
所属国・地域 日本の旗 日本長崎県南松浦郡新上五島町
地図
日島の位置(長崎県内)
日島
テンプレートを表示

日島(ひのしま)は、長崎県五島列島若松島の北西に位置するである。全島が長崎県南松浦郡新上五島町に属する。

概要[編集]

住所表記は「長崎県南松浦郡新上五島町日島郷」[2]。島内に公共施設はない。

地理[編集]

五島列島の若松島の北西約1km沖に位置し、若松島から漁生浦島有福島と島づたいに橋と防波堤によって繋がっている。小さな島ながら最高点は244m(バンヤノ峠)と高く、島のほとんどが山地である。集落は南の海岸に集中し、外洋に面する北西の海岸は断崖になっている。また、野生の鹿(ニホンジカ)が多く生息する島として知られる。

歴史[編集]

古くから海上交通の要衝であり、遣隋使遣唐使の寄港地でもあった。室町時代には大陸との貿易船の寄港地であったと考えられ、江戸時代には漁業で繁栄した[3]

1889年(明治22年)から1956年(昭和31年)までは若松島の西側と漁生浦島、有福島を行政区域とする日島村として自治体を形成し、当初は日島に役場が置かれたが、1897年(明治30年)に漁生浦島へ移転した。現在、過疎化や少子高齢化による人口減少が著しく進行している。

交通[編集]

前述の通り若松島と繋がっているので、若松大橋を経由して中通島の奈良尾港や有川港から陸路で通行できる。2000年代まで道路事情が悪く、若松島からの町営旅客船が通学などの生活の足となっていたが、2004年以降は若松島の若松港から町営の新上五島町スクールバス、2014年以降は西肥自動車の一般路線バスが運行されている。

名所・観光スポット[編集]

  • 曲遺跡古墓群 - 西隣の有福島から渡ってすぐの曲崎海岸にある石塔群。東シナ海を望む海岸に、鎌倉時代から室町時代のものと思われる五輪塔宝篋印塔などが多数並んでいる。
  • ハマジンチョウ群落 - 曲崎の東側の波静かな海岸にあるハマジンチョウの自生地。旧若松町の町花になっていた。
  • 若松ディアパーク - 廃校になった旧日島中学校の校舎を利用した宿泊施設。2016年時点では営業を終了して解体されている。

脚注[編集]

  1. ^ ながさきのしま|長崎のしま紹介【五島】|五島のプロフィール
  2. ^ 地理院地図(電子国土Web) 長崎県南松浦郡新上五島町日島郷国土地理院ホームページ)
  3. ^ 日島・有福島・漁生浦島 ― 若松島の北に連なる島巡り 上五島・小値賀ポータルサイト(新上五島町地域活性化推進協議会・小値賀町

参考文献[編集]

関連項目[編集]