日影眩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日影 眩(ひかげ げん)は兵庫県生まれ、画家、本名藤尾正之。神戸でグラフィックデザイナーとしてスタート、1960年 日宣美入選。1967年 法政大学文学部哲学科卒業。その後、新聞雑誌などにイラストレーションを発表(1972〜87)、1980年代初めアーチストに転身。
 真下から見あげる構図と、記号的スタイルで,写真週刊誌「フォーカス」(1983.6.10号、新潮社)が、その初個展を“元祖ローアングル“として取り上げるなど話題になり、また週刊「漫画サンデー」誌(実業之日本社)に巻頭イラストを連載(1983~84)した。
 その後、東京で絵画個展を続け、グループ展にも繰り返し発表して、仰瞰図の作家として知られた(「毎日新聞 」夕刊文化欄(1987.7.1)、「週刊ポスト」ポストコレクション(1987.8.2号、小学館)ほか)。
 1994年にアメリカに移住、2004年グリーンカード取得。ニューヨークで作品制作、発表の傍ら、月刊「ギャラリー」誌に「日影 眩の360°のニューヨーク」(現代美術レポート)を1994年〜2006年まで12年間連載した。
 2009年東邦画廊(東京・京橋)個展で,美術評論家瀬木慎一は,その極端な下からのアングルを,美術史上初出と認め、フログズ・アイ(Frog’s Eye, 蛙瞰)と命名し,蛙はギリシャ神話では愛と美の女神ヴィーナスの表象であったとした。
 2011年 池田20世紀美術館(静岡)で日影 眩展開催。現在ニューヨークブルックリンに住み制作を続けている。

パブリック・コレクション[編集]

おかざき世界子ども美術博物館佐久市立近代美術館池田20世紀美術館

出版[編集]

  • 2000年 「日影 眩の360°のニューヨーク アート・ムーブメント1994〜2006」(ギャラリー・ステーション刊)
  • 2011年 「日影 眩展 フログズ・アイの30年」(池田20世紀美術館刊)