日日の背信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日日の背信』(にちにちのはいしん)は、丹羽文雄による小説、及びそれを原作とした映画ドラマ化作品である。

概要[編集]

1956年5月14日から1957年3月12日まで、毎日新聞朝刊に301回に亘り、連載された新聞連載小説。

1957年、毎日新聞社から単行本が刊行。1958年に新潮文庫が刊行。

あらすじ[編集]

経済雑誌を発行している出版会社「経済と事業」社の社長である主人公:土居広之には、約2年間病床にある妻:土居知子がおり、これまでは浮気もせずに彼女のことを愛していたが、東京から車で東海道を通って2時間余のところにある、孟宗竹の木立に囲まれた湯河原の温泉宿でふとした行きずりに屋代幾子と出会う。幾子は未亡人となって満州から日本に引揚げてきたが、生活苦になり、苦境を銀座にある宝石貴金属商店・春日堂の社長:六角庫吉に救われて、今は彼のになっている。広之は病身の妻を愛しているとはいえ、日陰の人生に愛情を求めて足掻く情熱の女・幾子と出会ったことで、これまで無意識であった大人の男として奥底に潜んでいた愛の欲望ゆえに、彼女との恋愛に身を焦がす様になる。こうして広之の妻・知子に対する「日日の背信」が始まった...。

映画[編集]

1958年2月16日公開。松竹(大船撮影所)配給。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:中村登
  • 製作:深沢猛
  • 脚色:斎藤良輔
  • 撮影:長岡博之
  • 音楽:黛敏郎
  • 美術:熊谷正雄
  • 編集:浜村義康
  • 録音:大村三郎
  • 照明:小泉喜代司
  • スチル:堺謙一

テレビドラマ[編集]

1960年版[編集]

1960年7月4日 - 9月26日フジテレビにて放送された。放送時間(JST)は毎週月曜13:00 - 13:30。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

フジテレビ 月曜13時台前半枠
前番組 番組名 次番組
月曜座談会
日日の背信
(1960年版)

1967年版[編集]

1967年1月30日 - 4月28日東海テレビ制作の15分昼ドラマ枠にて放送された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 演出:大西博彦
  • 脚本:砂田量爾
東海テレビ制作 昼ドラマ
前番組 番組名 次番組
体の中を風が吹く
(1966.10.31 - 1967.1.27)
日日の背信
(1967.1.30 - 1967.4.28)
燃える
(1967.5.1 - 1967.7.28)