日曜日はストレンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日曜日はストレンジャー
石野真子シングル
初出アルバム『石野真子 ベスト・ヒット・アルバム』
B面 悲しきエンゼルス
リリース
規格 シングル
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル ビクター
作詞・作曲 阿久悠(作詞)
筒美京平(作曲)
チャート最高順位
石野真子 シングル 年表
失恋記念日
1978年
日曜日はストレンジャー
1979年
プリティー・プリティー
(1979年)
テンプレートを表示

日曜日はストレンジャー」(にちようびはストレンジャー)は、1979年1月25日に発売された、石野真子の通算4枚目のシングル。

解説[編集]

  • 作詞は、本楽曲で4作連続となる阿久悠が手掛け、作曲は、石野のシングルでは初となる筒美京平が手掛けた。当時流行していたディスコサウンドを取り入れた仕上がりになっている。
  • 本楽曲の発売前、雑誌取材でバーニングプロの小口プロデューサーは、前作の「失恋記念日」を意識して「次のシングルは徹底的に明るい歌にする」と答えていた[2]
  • 当時の衣装は基本的にシングル1曲につき2着が用意されており、本楽曲のステージ衣装は、白いファーをあしらった水色のミニスカートの上下と帽子を被り、白いロングブーツというウインタースタイル(上記CD-BOX収録のDVDで見ることが出来る)と、白のノースリーブにロングスカートで左肩に羽飾りをあしらったスプリングスタイルだった。

収録曲[編集]

  1. 日曜日はストレンジャー (3:30)
  2. 悲しきエンゼルス (2:39)

関連作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オリコンランキング情報サービス「you大樹」
  2. ^ 1978年12月25日『別冊近代映画秋の号、石野真子特集号』
  3. ^ テレビブロス 2006年03号(2/4~2/17) 大槻ケンヂの発言より