日本けん玉協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

公益社団法人日本けん玉協会(こうえきしゃだんほうじんにほんけんだまきょうかい、JKA:Japan Kendama Association)は、けん玉の文化面と競技面の両面での普及を目的とした協会。2002年NPO法人になった。2012年一般社団法人へ組織変更。2014年公益社団法人として認定された。

概要[編集]

かつて、けん玉は郷土玩具としての面が強く、郷愁や自己自慢の域から出ることはなかった。そこで、1975年5月5日にけん玉の素晴らしさや遊び方を伝えていく為、藤原一生ら有志により設立されたのが本協会である。

協会は、利き手に応じて糸を自由に付け替えられる糸穴つきの公認けん玉を発明した。程なくして、この公認けん玉がブームに乗って爆発的に普及し、やがて文部科学省(当時は文部省)杯が授与される大会が行われるまでになった。

現在も競技用けん玉の普及のほか、競技会の開催や級・段位の認定、持ち方や構え方などのルールの統一など、けん玉の普及・発展に寄与し続けている。

公認けん玉[編集]

日本けん玉協会が認定しているけん玉。下記のタイトル戦などに出場する際には公認けん玉の使用が義務付けられている。

旧規格(滑り止めが角張っている:現在、この規格では大会参加はできない)
  • さくら(金/桜の花弁のもの) 赤、青、黒、生地、ケヤキ
  • 富士(金/富士山ような形のもの) 赤、青、黒、生地
新規格(滑り止めが角張っていない)
  • 新さくら(紺) 赤、青、黒、生地
  • 新富士(黒) 赤、青、黒、生地、ケヤキ、水色、緑、桃、橙、その他、ロクロ模様など
  • TK16master(緑) 赤、青、黒、生地
  • 夢元(青) 赤、青、水色、黄、桃、黒、白、金、ワインレッド
  • 大空(黄) 赤、青、水色、桃、緑、生地

※( )は認定シールの色

●初代会長の藤原一生が大手企業のマクドナルドと一緒に作成した「マックボウル」(プラスチック、樹脂製)にも、けん玉協会の刻印がなされており、公認のものであったといわれている。なお、この取組みにより一時期においてけん玉が爆発的に普及した(昭和58年前後)。

●夢元は、現在生産終了のため市場からは消えたものである。

タイトル戦[編集]

日本けん玉協会が主催する競技用けん玉によるタイトル戦は以下の7つである。

三大タイトル戦
  • 日本けん玉協会杯(JKA杯)争奪戦(通称JKAカップ)
  • 全日本けん玉道選手権大会
  • 全日本けん玉道もしかめ選手権大会
その他のタイトル戦
  • 全日本少年少女けん玉道選手権大会(文部科学大臣杯)
  • 全日本クラス別選手権大会
  • 全日本けん玉パフォーマンス大賞
  • 全日本マスターズけん玉道選手権大会(2008年より)

けん玉の段級位制[編集]

本協会では、けん玉の技量に応じて段級位が認定される。認定は、協会が主催する級・段位認定会に出場し、認定員(認定指導員ライセンス保持者)の前で指定する規則に沿って行わなければ認定されない。級位は10~1級、段位は準初段、初段~十段までで、段位は協会の会員にならなければ取得できない。(現在は、非会員でも段位登録料を支払えば段位を保有できる。)

実力で取得できるのは六段までで、七段以上は顕著な実績がなければ授与されない、いわば名誉段位である。

功罪[編集]

  • けん玉の持ち方やルールを確立することで、大会の開催など、けん玉の普及に繋がり、技の種類も広大なものとなった。その反面、地域の独自性や個人の遊び方が排除される一面も存在し、遊びという文化面からは疑問視する見方も存在する。[1]

脚注[編集]

  1. ^ 新間英雄 『けん玉たのしいな』 一声社、1991年、68頁。ISBN 978-4870771284。