日本とジブチの関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本とジブチの関係
DjiboutiとJapanの位置を示した地図

ジブチ

日本

日本とジブチの関係アラビア語: العلاقات اليابانية الجيبوتية‎、英語: Djibouti–Japan relations)とは、日本ジブチの間における二国間関係である。

歴史[編集]

1977年6月27日、日本はジブチを主権国家として承認した[1]。日本とジブチとの間における外交関係は、1978年に樹立された[2]。ジブチ政府は、東京に大使館を開設した。

ジブチの大統領ハッサン・グレド・アプティドンは、1995年1998年に日本へ国賓訪問した。その後アプティドン大統領は、第2回アフリカ開発会議(TICAD II)に参加するために1998年で二度目となる訪日を行なっている。イスマイル・オマル・ゲレ大統領も日本へ国賓訪問しており、2003年9月および2010年12月19~22日に来日した[1][3]

軍事交流[編集]

日本の海上自衛隊は、2011年よりジブチに海外基地を維持している。ジブチを拠点とする日本の海上防衛力は、アデン湾紅海の海上護衛および海賊退治を任務とする。海自隊員は2009年から任務を遂行しており、自前の基地を設営する2011年までは、キャンプ・レモニエ英語版において海自と同様にジブチに拠点を構えるアメリカ海軍と施設を共用していた[4]

外交使節[編集]

駐ジブチ日本大使[編集]

  1. 西岡淳(2012~2015年)
  2. 新井辰夫(2015~2017年)
  3. 米谷光司(2017年~)

駐日ジブチ大使[編集]

  1. ラシャッド・アーメッド・サレ・ファラ英語版(1989~2004年[5]信任状捧呈は5月9日[6]
  2. イスマエル・グラル・ブディン(2004~2008年、信任状捧呈は2005年1月5日[7]
  3. アホメド・アライタ・アリ(2008年~、信任状捧呈は5月20日[8]

出典[編集]

関連項目[編集]