日本のキリシタン一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本のキリシタン一覧は、戦国時代末期から明治時代初期までの日本の著名なキリシタン(当時のキリスト教徒)とその関係者の一覧。

宣教師(伴天連 バテレン)[編集]

日本人司祭・修道者[編集]

キリシタン大名・キリシタン武将[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や行[編集]

  • 結城忠正(アンリケ) - 山城守。畿内における最初期のキリシタン大名の一人。
  • 山科勝成(ロルテス) - 蒲生氏郷に召抱えられたとされるローマ人武士。架空の存在という指摘がある。

ら行[編集]

  • 六角義賢 - 織田信長の侵攻の前に敗れ所領を失った晩年に受洗。

わ行[編集]

遣欧使節[編集]

天正遣欧少年使節[編集]

慶長遣欧使節[編集]

その他[編集]

江戸時代[編集]

関連項目[編集]