日本の古墳一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

日本の古墳一覧(にほんのこふんいちらん)では、日本に存在する特筆性の高い古墳一覧の形式で記載する。「Category:日本の古墳」も参照のこと。

北海道・東北地方[編集]

東北地方に、ヤマト政権の影響力が大きく伸びたのは古墳時代である。

ただし実際に東北地方で古墳文化の展開が継続して見られたのは福島県全域と宮城県大崎市付近一帯の大崎平野から山形県米沢市山形市付近にかけてまでである。

東北地方北部では、岩手県盛岡市永福寺山遺跡、青森市細越舘遺跡からは古墳時代前期・中期の土師器が出土しているが、後期の土師器を出す遺跡は余り知られていない。また、土師器以外では、青森県小川原湖付近や岩手県から青森県にかけての馬淵川流域、秋田県など数カ所から5世紀の祭祀遺物の石製模造品が発見されている。さらに、青森県上北郡七戸町森ヵ沢遺跡からも5世紀代の須恵器や土師器が出土している。

北海道[編集]

青森県[編集]

岩手県[編集]

秋田県[編集]

宮城県[編集]

山形県[編集]

  • 古墳文化の展開が見られる北限は、山形県村山地方付近までである。
  • 高瀬山古墳寒河江市、円墳、近辺に複数の方形周溝墓、県史跡)
  • 稲荷森古墳南陽市、前方後円墳、国の史跡)
  • 二色根古墳群(南陽市、円墳、県史跡)
  • 天神森古墳東置賜郡川西町、前方後方墳、県史跡)
  • 下小松古墳群(東置賜郡川西町、前方後円墳ほか、国の史跡)
  • 清水前古墳群(東置賜郡高畠町、円墳、県史跡)
  • 安久津古墳群(東置賜郡高畠町、群集墳、県史跡)
  • 谷柏古墳群(山形市、群集墳、県史跡)
  • 菅沢古墳2号墳(山形市、東北地方最大の円墳、直径52メートル、県史跡)
  • 高原古墳(山形市、墳形不明、県史跡)
  • 土矢倉古墳群(上山市、前方後円墳ほか、県史跡)

福島県[編集]

関東地方[編集]

茨城県[編集]

栃木県[編集]

群馬県[編集]

埼玉県[編集]

関連項目:埼玉県の古墳一覧(国、県史跡以外の古墳も含む)

千葉県[編集]

東京都[編集]

神奈川県[編集]

北陸地方[編集]

新潟県[編集]

富山県[編集]

石川県[編集]

福井県[編集]

甲信地方[編集]

山梨県[編集]

長野県[編集]

東海地方[編集]

岐阜県[編集]

静岡県[編集]

愛知県[編集]

三重県[編集]

近畿地方[編集]

滋賀県[編集]

京都府[編集]

大阪府[編集]

兵庫県[編集]

奈良県[編集]

和歌山県[編集]

中国地方[編集]

鳥取県[編集]

島根県[編集]

岡山県[編集]

広島県[編集]

山口県[編集]

四国地方[編集]

徳島県[編集]

香川県[編集]

愛媛県[編集]

高知県[編集]

九州地方[編集]

福岡県[編集]


佐賀県[編集]

長崎県[編集]

  • 壱岐古墳群壱岐市、国の史跡)
    • 対馬塚古墳(前方後円墳)
    • 双六古墳(前方後円墳)
    • 笹塚古墳(円墳)
    • 兵瀬古墳(円墳)
    • 掛木古墳(円墳)
    • 鬼の窟古墳(円墳)
  • 大塚山古墳(壱岐市、円墳、県史跡)
  • 根曽古墳群(対馬市、国の史跡)
  • 矢立山古墳群(対馬市、国の史跡)
  • 出居塚古墳(対馬市、前方後方墳、県史跡)
  • サイノヤマ古墳(対馬市、方墳、県史跡)
  • ひさご塚古墳東彼杵郡東彼杵町、前方後円墳、県史跡)
  • 長戸鬼塚古墳(諫早市、円墳、装飾古墳、県史跡)
  • 曲崎古墳群(長崎市、国の史跡)
  • 鬼の岩屋(雲仙市、円墳、県史跡)
  • 笠松天神社古墳(平戸市、前方後円墳、県史跡)
  • 岳崎古墳(平戸市、前方後円墳、県史跡)

熊本県[編集]

大分県[編集]

宮崎県[編集]

鹿児島県[編集]

沖縄県[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 茨城県教育庁 総務企画部 文化課. “梵天山古墳群”. 公式ウェブサイト. 茨城県教育委員会. 2020年2月17日閲覧。
  2. ^ 『日本歴史地名大系 8 茨城県の地名』 1982, 「梵天山古墳群」.
  3. ^ 石山勲ほか 1979, p. 1.
  4. ^ 宝賀寿男 2001, pp. 62-95.

参考文献[編集]

  • 石山勲、大川清、高橋章「祇園山古墳の調査」『福岡県久留米市所在祇園山・七曲山両古墳群の調査』福岡県教育委員会〈九州縦貫自動車道関係埋蔵文化財調査報告 27〉、1979年3月24日。NCID BN04478590
  • 宝賀寿男卑弥呼の冢補論─祇園山古墳とその周辺」『季刊・古代史の海』第26巻、「古代史の海」の会、2001年12月20日、 62-96頁、 ISSN 13415522NAID 40005104602
  • 茨城県の地名瀬谷義彦平凡社日本歴史地名大系 8〉、1982年11月。OCLC 833378801ASIN B000J7IIP8ISBN 4-582-49008-5、ISBN 978-4-582-49008-4。

関連項目[編集]