日本の喫煙に関する組織・団体の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本の喫煙に関する組織・団体の一覧(にほんのきつえんにかんするそしき・だんたいのいちらん)は日本における喫煙に関する組織団体の一覧。歴史的過去に属する団体を含む。

政治[編集]

議員連盟[編集]

政党[編集]

族議員[編集]

行政[編集]

財務省[編集]

大蔵省・現財務省の関連組織・団体。

厚生労働省[編集]

厚生省・旧労働省・現厚生労働省の関連組織・団体。

商業・企業[編集]

  • たばこ座 - 江戸時代
  • 岩谷商会 - 1884年(明治17年)設立[1]、1904年(明治37年)のタバコ専売制まで存続[2]
    • 旧屋号: 薩摩屋[1]
  • 村井兄弟商会 - 1894年(明治27年)5月設立[3]、1904年(明治37年)のタバコ専売制まで存続[2]
  • 東亜煙草 - 1906年(明治39年)10月設立、1939年(昭和14年)満州煙草への身売りまで存続。
  • 満州煙草(満洲煙草公司、満洲煙草股分公司)[4][5] - 1934年(昭和9年)12月設立(満州国第二次世界大戦における大日本帝国の敗戦により滅亡)。
  • 秋山産業 (タバコ企業) - 輸入タバコを専門的に取り扱う企業。1950年(昭和25年)8月設立(存続中)。
  • 日本たばこ産業(JT) - 1985年(昭和60年)4月設立(存続中)。

その他の組織・団体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 二人のたばこ王”. たばこEpisode: 明治時代のたばこ王. 日本たばこ産業. 2012年5月22日閲覧。
  2. ^ a b 2人の“たばこ王”の登場”. たばこの歴史: 明治民営期の「たばこ」. 日本たばこ産業. 2012年5月22日閲覧。
  3. ^ 村井の登場”. 明治のたばこ王 岩谷松平. たばこと塩の博物館. 2012年5月22日閲覧。
  4. ^ 煙草投資目的の『満洲煙草』設立: “東亜”との合同を見越して「日満合弁」の強力化”. 満州日報. 神戸大学附属図書館 (1934年8月13日). 2012年5月22日閲覧。
  5. ^ 浮れ出た資本の行方 満洲企業の其後: 中外の話題”. 中外商業新報. 神戸大学附属図書館 (1935年4月25日-1935年5月5日). 2012年5月22日閲覧。
  6. ^ 中央大会について: パネル討論”. 厚生労働省の TOBACCO or HEALTH 最新たばこ情報. 健康・体力づくり事業財団. 2012年5月21日閲覧。