日本の嫁シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本の嫁シリーズ』(にっぽんのよめ - )は、朝日放送(ABC)が制作し、TBS系列(現在とはネット系列編成が異なる)で放送していたテレビドラマのシリーズ。1972年10月5日から1973年9月27日の1年間、木曜夜9時からの1時間枠で放送された。

日本の地方都市が舞台の作品であり、製作に際してJNN加盟局(ABC/FTVは当時)の協力を仰いだ。

作品一覧[編集]

全作品とも13話(1クール)で交代。

嫁ふたり[編集]

  • 1972年10月5日 - 12月28日放送。

舞台[編集]

キャスト[編集]

嫁の縁談[編集]

  • 1973年1月4日 - 3月29日放送。

舞台[編集]

キャスト[編集]

嫁チャンポン[編集]

  • 1973年4月5日 - 6月28日放送。

舞台[編集]

キャスト[編集]

ナレーション[編集]

嫁サこらんしょ[編集]

  • 1973年7月5日 - 9月27日放送。

舞台[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • プロデューサー:山内久司
  • 演出:西村大介、杉本宏ほか
  • 制作著作:朝日放送

補足[編集]

脚注[編集]

  1. ^ それ以前には、同じABC制作の『娘すし屋繁盛記』に出演経験あり。
TBS 木曜21時台(当時はABCの制作枠)
前番組 番組名 次番組
日本の嫁シリーズ