日本の小中一貫校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

小中一貫校(しょうちゅういっかんこう)は、小中一貫教育を施す学校である。小学校中学校の教育を統合した公立の小中一貫校が各地で徐々に開校してきている。

公立の小中一貫校[編集]

中高一貫校と異なり、設置者が同じ市町村であることが多いため新設或いは既存の小中学校を改編する形で設置しやすい。

義務教育学校[編集]

義務教育学校とは、学校教育法の改正により2016年に新設された制度。小学校課程から中学校課程まで義務教育を一貫して一つの学校で行う。国公私立いずれも設置が可能。

併設型小中一貫校[編集]

同じ設置者(市町村)が小学校と中学校を併設し、接続して小中一貫教育を行うもの。特徴は他の小学校からもその中学校に進学できることである。中学校では内部進学生と外部進学生が切磋琢磨して学校生活を送る。

基本的に併設されている小学校の児童はそのまま中学校に進学するが、国立中学校や私立中学校、都道府県立中学校、中等教育学校を受験する道は閉ざされていない。

連携型小中一貫校[編集]

主に、地域の結びつきの強い中学校とその地域の小学校が連携して取り組む事例が多い。小学校の教師が中学校の授業を受け持ったり、中学校の教師が小学校の授業に参加し、小学校の教育内容の理解を深めたりする。また、小中学校が合同で行事を行ったりすることで児童生徒同士が交流を深めている。

ただし、国立中学校や私立中学校、都道府県立中学校などに進学する者や連携小学校以外からも児童が入学してくるため、他のタイプに比べて大幅なカリキュラムの変更ができないという欠点がある。

日本の小中一貫校の一覧[編集]

国立学校[編集]

北海道[編集]

福井県[編集]

山梨県[編集]

岐阜県[編集]

京都府[編集]

岡山県[編集]

広島県[編集]

島根県[編集]

公立学校[編集]

北海道[編集]

青森県[編集]

岩手県[編集]

宮城県[編集]

秋田県[編集]

山形県[編集]

福島県[編集]

茨城県[編集]

栃木県[編集]

群馬県[編集]

埼玉県[編集]

東京都[編集]

千葉県[編集]

  • 市川市立塩浜学園(義務教育学校)
  • 市原市立加茂学園
    • 市原市立加茂小学校
    • 市原市立加茂中学校
  • 鴨川市立長狭学園
    • 鴨川市立長狭小学校
    • 鴨川市立長狭中学校
  • 成田市立下総みどり学園(義務教育学校)
  • 流山市立おおたかの森小中学校
  • 館山市立房南学園
    • 館山市立房南小学校
    • 館山市立房南中学校
  • 長南町立長南小学校・長南町立長南中学校
  • 周南小中一貫教育校(施設分離型)
  • 君津市立周南小学校
  • 君津市立周南中学校

神奈川県[編集]

新潟県[編集]

  • 三条市立大崎学園(義務教育学校)
  • 三条市立嵐南小学校・三条市立第一中学校
  • 十日町市立下条小学校・十日町市立下条中学校
  • 湯沢学園
    • 湯沢町立湯沢小学校
    • 湯沢町立湯沢中学校

石川県[編集]

  • 珠洲市立宝立小中学校(義務教育学校)
  • 珠洲市立大谷小中学校(義務教育学校)
  • 小松市立松東みどり学園 (義務教育学校)

長野県[編集]

岐阜県[編集]

静岡県[編集]

愛知県[編集]

三重県[編集]

滋賀県[編集]

京都府[編集]

大阪府[編集]

奈良県[編集]

兵庫県[編集]

和歌山県[編集]

鳥取県[編集]

島根県[編集]

岡山県[編集]

  • 岡山市立蛍明小学校・岡山市立足守中学校(あしもり学園)
  • 備前市立三石小学校・備前市立三石中学校(三石学園)[27]
  • 備前市立伊里小学校・備前市立伊里中学校(伊里学園)[28]

広島県[編集]

山口県[編集]

  • 岩国市立東小学校・岩国市立東中学校
  • 萩市立三見小学校・萩市立三見中学校(萩市立小中一貫教育校 三見小中学校)[29]
  • 萩市立大井小学校・萩市立大井中学校(萩市立小中一貫教育校 大井小中学校)[29]
  • 萩市立大島小学校・萩市立大島中学校(萩市立小中一貫教育校 大島小中学校)[29]
  • 萩市立相島小学校・萩市立相島中学校(萩市立小中一貫教育校 相島小中学校)[29]
  • 萩市立見島小学校・萩市立見島中学校(萩市立小中一貫教育校 見島小中学校)[29]
  • 萩市立福栄小学校・萩市立福栄中学校(萩市立小中一貫教育校 福栄小中学校)[29]

徳島県[編集]

香川県[編集]

愛媛県[編集]

高知県[編集]

福岡県[編集]

佐賀県[編集]

長崎県[編集]

熊本県[編集]

大分県[編集]

宮崎県[編集]

鹿児島県[編集]

沖縄県[編集]

※過疎地の慣習的な小中一貫校(小中一貫教育について特異な言及がなされていない学校)は除外した。

私立学校[編集]

北海道[編集]

宮城県[編集]

福島県[編集]

茨城県[編集]

東京都[編集]

神奈川県[編集]

福井県[編集]

山梨県[編集]

長野県[編集]

  • グリーン・ヒルズ小学校・中学校
  • 才教学園小学校・中学校
  • どんぐり向方小学校・中学校
  • 清内路子どもの森小学校・中学校(2016年4月1日小学校開校、学校法人自然学園が設置、中学校は設置計画中)

和歌山県[編集]

岡山県[編集]

  • のびのび小学校・吉備高原希望中学校

福岡県[編集]

長崎県[編集]

沖縄県[編集]

関連図書[編集]

  • 『これでいいのか 小中一貫校 --その理論と実態』山本由美藤本文朗佐貫浩 編、新日本出版社、2011年9月、初版。ISBN 978-4406055055。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax 小中一貫教育の設置・導入状況【北海道】 北海道教育庁学校教育局義務教育課
  2. ^ 歌志内市立歌志内学園 歌志内市 2021年3月1日
  3. ^ 中学校は令和3年度は休校となる。令和3年度 学校の新設・廃止・統合等一覧表(参考リンク) (PDF) - 青森県教育庁教育政策課
  4. ^ a b c d e f g h i j k l つくば市立小学校、中学校及び義務教育学校管理規則 第5条
  5. ^ a b c d e f g h 土浦市立学校管理規則 第4条の2
  6. ^ a b 港区立学校の管理運営に関する規則 第三章 小中一貫教育校 第二十一条の三
  7. ^ 渋谷区立学校の管理運営に関する規則 第21条の2
  8. ^ a b 杉並区立学校の管理運営に関する規則 第22条
  9. ^ a b 平成 27年度 足立区教育委員会の権限に属する事務の管理及び執行の状況の点検及び評価報告書 3頁 「3.これまでの小中一貫教育学校の取り組み・経過」 足立区
  10. ^ a b 小中一貫教育校の名称等について
  11. ^ a b c 八王子市立学校の管理運営に関する規則 第27条の2
  12. ^ 町田市立小中一貫ゆくのき学園の公式サイト
  13. ^ a b c d e f g 三鷹市公立学校の管理運営に関する規則 第7章 小・中一貫教育校 第29条3 別表
  14. ^ 練馬区立学校の管理運営に関する規則 第3章 小中一貫教育校 第32条の2
  15. ^ 檜原村立小・中学校一貫教育推進要綱 第2条
  16. ^ a b c d e f 横浜市立学校の管理運営に関する規則 第5条の2
  17. ^ a b c d e 静岡市立小・中学校管理規則  第6章の2 小中一貫校 第57条の2
  18. ^ つながる力を育てる 静岡型小中一貫教育 リーフレット(平成29年度版)
  19. ^ a b c 浜松市立小中学校管理規則  第7章 小中一貫校 第34条
  20. ^ 沼津市立小中学校管理規則  第6章 小中一貫学校 第43条
  21. ^ a b c d e f 大阪市立学校管理規則 第16条
  22. ^ 八尾市立義務教育学校設置条例
  23. ^ a b c d 小野市立小学校、中学校及び特別支援学校の管理運営に関する規則 第6条の2
  24. ^ 明石市立中学校・小学校・幼稚園及び特別支援学校の管理運営に関する規則 第5章 小中一貫教育校 第28条
  25. ^ a b c 義務教育学校 鳥取県教育委員会 2018年4月27日
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n 松江市立小学校、中学校及び義務教育学校管理規則 第11章 小中一貫教育 第37条2
  27. ^ 小・中で継続的な学びを 岡山・備前市に小中一貫教育校が開校 2018-04-19 KSBニュース
  28. ^ 小中一貫教育推進プラン 備前市
  29. ^ a b c d e f 萩市小中一貫教育校に関する規則 第2条
  30. ^ a b 名護市立小学校及び中学校管理規則 第63条
  31. ^ 第244回長崎県私立学校審議会会議結果