日本の郷土史家一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本の郷土史家一覧(にほんのきょうどしかいちらん)は、日本郷土史家・郷土史研究家の一覧である。

日本の郷土史家一覧[編集]

あ行[編集]

  • 青木勤- 熊本県の郷土史家
  • 青屋昌興 - 鹿児島中央専門学校非常勤講師。南九州・鹿児島県の郷土史研究。
  • 赤岡重樹 - 山梨県の郷土史家。
  • 秋山敬 - 山梨県の郷土史家。
  • 足立正 - 教育者。元境町 (鳥取県)町長。山陰の郷土史研究。
  • 安部巌 - 教育者。元別府市立図書館長。大分県別府市の郷土史研究。
  • 阿部栄之助 - 元岐阜大学学芸学部講師。岐阜県の郷土史研究。
  • 荒木栄司 - 作家。NHK文化センター熊本教室講師。熊本県の郷土史研究。
  • 飯田義資 - 教育者。阿波郷土会会員。
  • 五十嵐勇作 - 地理学者。日本地理学会会員。福島県の郷土史研究。
  • 勇知之 - 作家。西南の役研究家。
  • 石垣金星 - 元中学校教諭。西表島の郷土史研究。
  • 石井光太郎 - 横浜市の郷土史家。
  • 伊勢田史郎 - 詩人。NHK文化センター神戸教室講師。兵庫県の郷土史研究。
  • 市川健夫 - 地理学者。長野県の郷土史家。信州学の祖。
  • 市村咸人 - 長野県の郷土史家。
  • 一志茂樹 - 長野県の郷土史家。
  • 井上慶隆 - 元新潟大学教育学部教授。新潟県の郷土史研究。
  • 井上精三 - 元NHK弘前放送局長。博多の郷土史研究。
  • 上島秀友 - 二上山葛城地域、香芝市の郷土史研究。『天の二上と太子の水辺』などを出版。
  • 上杉修 - 八戸藩の郷土史研究。
  • 上野晴朗 - 山梨県の郷土史家。
  • 植松又次 - 山梨県の郷土史家
  • 梅村伸雄 - 兵庫歴史研究会会長。
  • 江崎龍男 - 教育者。筑後の郷土史研究。
  • 越中哲也 - 元純心女子短期大学教授。元長崎市立博物館館長。長崎歴史文化協会理事長。長崎県の郷土史研究。
  • 近江幸雄 - 幕末維新研究家。北海道・函館の郷土史研究。
  • 大島信雄 - 医師。東海日日新聞にて『越後長岡と東三河』連載。
  • 大西源一 - 文学博士。三重県の郷土史研究。
  • 大橋俊雄 - 仏教史学者・歴史学者。神奈川県横浜市戸塚区の郷土史研究。
  • 大牧冨士夫 - 教育者。小説家。「ダム事業で消えた村」として知られる岐阜県徳山村(徳山ダム)の郷土史研究。
  • 岡本弥 - 融和運動家。和歌山県の郷土史研究。
  • 奥田淳爾 - 元洗足学園魚津短期大学教授。富山県民生涯学習カレッジ客員教授。富山県の郷土史研究。
  • 小野芳彦 - 和歌山県の教育者。『熊野年代記』の編纂および遺稿集『熊野史』で知られ、熊野の歴史と信仰の研究史の最初期を拓いた人物として知られる。

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

  • 高田哲哉 - 執筆者、戦国武将研究、神奈川県相模原市の郷土史研究、戦国武将研究会理事。
  • 高田豊輝 - 飯田義資に師事する。阿波郷土会会員。徳島市勝占中部文化財保勝会会長。
  • 高橋俊人 - 歌人。神奈川県藤沢市の郷土史研究。
  • 高橋正弘 - 歴史家。鳥取県の中世史研究。
  • 田牧久穂 - 作家。秋田県歴史教育者協議会会長。秋田県の郷土史研究。
  • 田辺眞人 - 園田学園女子大学名誉教授。『ラジオ関西 おもしろ神戸・ひょうご学』学長。
  • 谷田亀寿 - 元小学校教諭。鳥取県の郷土史研究における先駆者。
  • 土田誠一 - 倫理学者。元・旧制成蹊高等学校校長。秋田県由利地方の郷土史研究。
  • 戸倉貞則 - 江戸時代前期の郷土史家。豊後国の郷土史研究。
  • 豊国覚堂 - 曹洞宗の僧。群馬県の郷土史研究。
  • 鳥集忠男 - 箱三味線「ゴッタン」の伝承者。南九州の郷土史研究。

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

  • 前川雅夫 - 長崎県立大学非常勤講師。2007年佐世保市長選挙候補者。長崎県の郷土史研究。
  • 牧野清 - 元石垣市助役。八重山列島の郷土史研究。
  • 牧野隆信- 元高校教諭。北前船研究の第一人者。石川県旧江沼郡の郷土史研究の先駆者。元日本海事史学会理事、元全国北前船研究会会長。
  • 道谷卓 - 法学者。神戸深江生活文化史料館研究員。
  • 向山雅重 - 民俗学者。長野県の郷土史研究。
  • 村上春樹 - 元高校教諭。将門伝説研究家。
  • 村本喜代作(山雨楼主人) - 元静岡県議会議長。遠州地方や静岡県の郷土史研究。
  • 森嘉兵衛 - 岩手大学名誉教授。岩手県の郷土史研究(主に南部藩を始めとする近世史)。
  • 諸井六郎 - 明治期から大正期の外交官。埼玉県本庄市の郷土史に深く貢献。
  • 森永種夫 - 元長崎県立長崎図書館長。『長崎犯科帳』編者。

や行[編集]

  • 山田平右エ門 - 元中学校教諭。東京都八丈島の郷土史研究。
  • 山本詔一 - 横須賀開国史研究会会長。江戸時代から続く老舗書店「信濃屋」の七代目。浦賀文化センタースーパーバイザー。
  • 湯浅良幸 - 郷土史家。イオンド大学名誉教授。徳島民俗学会会長、徳島県市町村文化財保護審議会連絡協議会会長、徳島県文化振興財団民俗資料委員長、阿波学会会長を歴任。
  • 横田貢 - 国語学者。
  • 吉岡勲 - 歴史学者。岐阜県の郷土史研究。
  • 吉岡三平 - 元岡山市立図書館館長。岡山県の郷土史研究。
  • 吉田浅雄 - 城郭研究家。鳥取県の郷土史研究。
  • 横山昭二 - 元検事。麻原彰晃こと松本智津夫の元私選弁護人。余生を郷土史研究に費やした。
  • 横山十四男 - 民俗学者。長野県の郷土史研究。

ら行[編集]

わ行[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デーリー東北新聞社. “金子善兵衛さん死去”. 2010年8月26日閲覧。

関連項目[編集]