日本エム・ディ・エム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社日本エム・ディ・エム
JAPAN MEDICAL DYNAMIC MARKETING,INC.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 7600
1998年12月15日上場
本社所在地 日本の旗 日本
162-0066
東京都新宿区市谷台町12番2号
設立 1973年5月28日
(株式会社ホスピタルサービス)
業種 卸売業
法人番号 8011101016199
事業内容 医療機器の輸入販売および製造開発。
代表者 代表取締役社長 大川正男
資本金 30億0,192万円[1]
発行済株式総数 26,475,880株[1]
売上高 連結:118億55百万円
単独:81億51百万円
(2015年12月期)[1]
純資産 連結:108億53百万円
単独:109億86百万円
(2015年12月期)[1]
総資産 連結:201億67百万円
単独:150億78百万円
(2015年12月期)[1]
従業員数 連結:317名、単独:210名
(2015年12月期)[1]
決算期 12月31日
主要株主 日本特殊陶業株式会社 30%
主要子会社 Ortho Development Corporation 98.2%[1]
外部リンク https://www.jmdm.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社日本エム・ディ・エム(にほんエム・ディ・エム、: JAPAN MEDICAL DYNAMIC MARKETING,INC.)は、東京都新宿区谷台町に本社を置く医療機器商社

概要[編集]

1973年5月、株式会社ホスピタルサービスとして設立。整形外科用の医療機器を専門とする商社であるが、米国子会社が骨接合材料や人工関節、脊椎固定器具などの製造・開発を行っており、メーカー機能を有する[1]。また、かつては伊藤忠商事と資本・業務提携を締結し同社の持分法適用関連会社となっていたが、伊藤忠商事が日本特殊陶業に保有する日本エム・ディ・エムの株式全部を売却することとなったため、資本・業務提携を解消。これに伴い、新たに日本特殊陶業と資本・業務提携を締結し、2016年5月16日より持分法適用関連会社となっている[2][3]

沿革[編集]

  • 1973年5月 - 株式会社ホスピタルサービスとして設立[1]
  • 1981年1月 - 株式会社日本エム・ディ・エムに商号を変更[1]
  • 1994年9月 - 米国のOrtho Development Corporationを買収[1]
  • 1998年12月 - 日本証券業協会(現・ジャスダック)に株式を店頭登録[1]
  • 2000年3月 - 東京証券取引所市場第二部に株式を上場[1]
  • 2001年5月 - 東京証券取引所市場第一部に指定替え[1]
  • 2008年7月 - 伊藤忠商事株式会社と資本・業務提携を締結し、同社の持分法適用関連会社となる[1]
  • 2009年2月 - 伊藤忠商事株式会社および株式会社グッドマン、センチュリーメディカル株式会社との包括業務提携に関する契約を締結[1]
  • 2016年5月 - 伊藤忠商事株式会社が保有する日本エム・ディ・エムの株式全部を日本特殊陶業株式会社に売却し、資本・業務提携を解消。これに伴い、新たに日本特殊陶業株式会社と資本・業務提携を締結し同社の持分法適用関連会社となる。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 有価証券報告書-第43期(平成26年4月1日-平成27年3月31日)”. EDINET. 2016年5月20日閲覧。
  2. ^ 日本特殊陶業株式会社との資本及び業務提携に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社日本エム・ディ・エム (2016年4月20日). 2016年5月20日閲覧。
  3. ^ 伊藤忠商事株式会社との間の資本・業務提携解消に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社日本エム・ディ・エム (2016年4月20日). 2016年5月20日閲覧。