日本オーケストラ連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本オーケストラ連盟
Association of Japanese Symphony Orchestras
団体種類 公益社団法人
設立 1990年(平成2年)7月
所在地 東京都墨田区錦糸1丁目2番1号
アルカセントラル棟7階
北緯35度41分50.3秒東経139度48分41.1秒座標: 北緯35度41分50.3秒 東経139度48分41.1秒
法人番号 7010605000024
起源 東京:東京オーケストラクラブ
地方:地方交響楽団連盟
主要人物 理事長 佐藤隆文
活動地域 日本の旗 日本
主眼 交響楽の振興と普及を図り、もって我が国文化の発展に寄与すること
活動内容 交響楽に関する調査研究及び資料、情報の収集 他
会員数 36
(正会員25、準会員11)
ウェブサイト http://www.orchestra.or.jp
テンプレートを表示

公益社団法人日本オーケストラ連盟(にほんオーケストラれんめい)は、日本に所在する36(正会員25、準会員11)のプロオーケストラが加盟している公益社団法人

事業内容[編集]

  1. 交響楽に関する公演・講習会等の開催
  2. 青少年に対する交響楽の普及
  3. プロ・オーケストラの運営に関する調査研究
  4. 交響楽に係る人材育成
  5. 交響楽に関する国際交流
  6. その他目的を達成するために必要な事業

1.に関しては、毎年、加盟楽団の本拠地の1つでその楽団を中心に"オールジャパン・シンフォニーオーケストラ"を結成し、「現代日本オーケストラ名曲の夕べ」を開催している。また、2007年(平成19年)から3月31日を「オーケストラの日」と定め、加盟楽団が各地でコンサートを同時開催するイベントを主催している。その他、文化庁主催の「アジア オーケストラ ウィーク」の制作も行っている。

沿革[編集]

  • 1964年昭和39年) - 東京で「東京オーケストラクラブ」が結成。
  • 1968年(昭和43年) - 「日本交響楽団連絡会議」に改組。
  • 1972年(昭和47年) - 東京以外の都市に所在するオーケストラが「地方交響楽団連盟」を設立。東京の「日本交響楽団連絡会議」と相互交流開始。
  • 1989年平成元年) - 東京と地方の両団体が「全日本オーケストラ連盟」結成を決定。
  • 1990年(平成2年)7月 - 任意団体「日本オーケストラ連盟」発足(加盟交響楽団数18)。
  • 1995年(平成7年)1月31日 - 社団法人「日本オーケストラ連盟」設立。

以上のような当法人の成立経緯から、「首都圏オーケストラ連絡会」と「地方オーケストラ連絡会」が組織内部に存在し、各々の連絡会が別個に会議を行ったり、合同会議が行われたりする。

加盟団体[編集]

加盟団体の一覧を以下に示す。公演数・人数・金額は2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日)実績※。

  • ※東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団のみ、会計年度2017年8月1日~2018年7月31日。
  • 並び順はオーケストラ連盟ウェブサイトを参照。
  • 収支の金額
    • 消費税込(ただし、NHK交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、読売日本交響楽団のみ消費税抜き)
  • 日本フィルハーモニー交響楽団の総入場者数は推定。
  • 公演数、総入場者数=アンサンブル、小編成の公演を除く回数。
  • 会員数=定期会員数+その他のシリーズ会員数
  • 楽員数は2018年4月1日現在。
  • 正会員の楽団に所属する楽員の合計は1,771名、準会員のそれも合計すると2,230名。
  • 正会員の楽団の全3,150公演の総入場者数は3,872,394人、準会員のそれも合計すると全3,810公演、4,293,484人。
正会員加盟団体の一覧(2017年度)[1]
団体名 運営団体
(所在地)
創立年 公演数
(回)
会員数
(人)
総入場者数
(人)
楽員数
(名)
年間収入
(千円)
(演奏収入内数)
(千円)
年間支出
(千円)
札幌交響楽団 公財地図 1961年 126 2,664 142,546 75 1,070,035 (588,897) 1,032,683
仙台フィルハーモニー管弦楽団 公財(地図 1973年 114 640 81,900 74 919,027 (475,291) 907,249
山形交響楽団 公社地図 1972年 145 1,409 82,165 47 460,174 (255,949) 455,669
群馬交響楽団 公財(地図 1945年 166 880 126,317 62 818,280 (367,170) 825,820
NHK交響楽団 公財(地図 1926年 111 9,223 217,604 111 2,967,867 (1,306,294) 2,945,281
新日本フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1972年 143 3,107 185,595 89 1,041,389 (691,460) 1,095,494
東京交響楽団 公財(地図 1946年 163 4,003 223,193 89 1,322,658 (1,072,766) 1,263,361
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 一財地図 1975年 103 570 122,800 60 399,818 (365,861) 385,492
東京都交響楽団 公財(地図 1965年 127 4,554 179,985 91 1,735,822 (582,874) 1,671,466
東京ニューシティ管弦楽団 一社(地図 1990年 55 165 87,500 41 154,205 (130,446) 153,309
東京フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1911年 345 4,795 624,617 126 1,784,623 (1,572,246) 1,754,544
日本フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1956年 146 4,397 200,000 84 1,439,078 (1,076,034) 1,416,501
読売日本交響楽団 公財(地図 1962年 111 8,067 160,956 92 2,340,639 (820,909) 2,240,741
神奈川フィルハーモニー管弦楽団 公財(地図 1970年 122 1,424 139,999 71 796,188 (372,173) 782,926
オーケストラ・アンサンブル金沢 公財(地図 1988年 104 1,632 109,701 34 76,135 (353,931) 776,897
セントラル愛知交響楽団 一社(地図 1983年 104 215 72,000 46 188,650 (144,982) 188,320
名古屋フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1966年 113 1,542 116,376 74 1,054,049 (435,302) 1,019,847
京都市交響楽団 公財(地図 1956年 99 2,668 124,700 84 1,093,421 (256,065) 1,071,266
大阪交響楽団 一社(地図 1980年 125 2,679 137,500 51 490,263 (361,582) 492,104
大阪フィルハーモニー交響楽団 公財(地図 1947年 100 2,407 154,000 76 940,798 (566,893) 965,241
関西フィルハーモニー管弦楽団 NPO(地図 1982年 93 466 83,500 56 497,138 (404,553) 495,664
日本センチュリー交響楽団 公財(地図 1989年 116 584 101,853 46 678,979 (365,744) 679,436
兵庫芸術文化センター管弦楽団 公財(地図 2005年 109 4,466 187,711 62 732,751 (271,569) 732,751
広島交響楽団 公財(地図 1963年 107 1,336 89,721 60 761,600 (354,102) 761,588
九州交響楽団 公財(地図 1953年 103 1,547 120,155 67 787,122 (376,206) 777,316
準会員加盟団体の一覧(2017年度)[1]
団体名 運営団体
(所在地)
創立年 公演数
(回)
会員数
(人)
総入場者数
(人)
楽員数
(名)
年間収入
(千円)
(演奏収入内数)
(千円)
年間支出
(千円)


千葉交響楽団 公財(地図 1985年 133 424 65,000 27 191,510 (159,530) 178,362
藝大フィルハーモニア管弦楽団 地図 1898年 35 0 25,555 58 52,633 (27,388) 186,156
東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団 一社地図 1973年 79 0 60,768 48 57,377 (57,123) 57,327
静岡交響楽団 NPO地図 1988年 43 610 9,192 37 126,026 (49,260) 118,751
中部フィルハーモニー交響楽団 NPO(地図 2000年 46 250 78,007 45 195,122 (139,307) 206,242
京都フィルハーモニー室内合奏団 NPO(地図 1972年 104 229 50,000 14 165,307 (153,342) 169,051
ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団 地図 1988年 27 0 8,685 49 74,408 (71,874) 78,918
テレマン室内オーケストラ 一社(地図 1963年 107 364 53,000 24 108,571 (80,891) 108,473
奈良フィルハーモニー管弦楽団 NPO(地図 1985年 34 864 12,300 53 28,686 (25,096) 20,058
岡山フィルハーモニック管弦楽団 公社(地図 1992年 22 0 47,082 41 116,236 (45,972) 116,243
瀬戸フィルハーモニー交響楽団 公社(地図 2001年 30 0 11,501 63 44,741 (42,928) 44,349
  • 2016年10月、千葉交響楽団はニューフィルハーモニーオーケストラ千葉から改称した。
  • 公益社団法人瀬戸フィルハーモニー交響楽団は、2016年6月に開催された日本オーケストラ連盟の総会において、準会員として加盟が承認された。
  • 藝大フィルハーモニア管弦楽団は、2017年4月に準会員として加盟した。
  • 岡山フィルハーモニック管弦楽団は、2017年6月に準会員として加盟した。

活動実績推移[編集]

正会員と準会員(2006年より)を合計した活動実績の推移[2]

年度 公演数
(回)
会員数
(人)
総入場者数
(人)
楽員数
(名)
年間収入
(千円)
(演奏収入内数)
(千円)
年間支出
(千円)
団体数
正会員
団体数
準会員
追加正会員 追加準会員
(△減)
2004 3,042 56,324 3,513,000 1,742 24,255,392 (12,312,614) 23,928,189 23
2005 3,042 49,815 3,344,923 1,724 24,066,045 (12,089,370) 23,884,972 23
2006 3,403 52,943 3,589,396 1,887 25,029,365 (14,007,622) 24,677,718 23 4 京都フィル中部フィル東京ニューシティ東京ユニフィル
2007 3,564 49,625 3,850,034 1,978 25,540,777 (14,859,341) 24,893,796 23 6 静岡響カレッジオペラハウス
2008 3,731 56,731 4,258,921 2,036 26,142,005 (14,038,953) 25,810,265 24 6 兵庫芸文管
2009 3,652 59,082 4,025,587 2,028 27,398,085 (14,213,226) 26,883,482 24 7 ニューフィル千葉
2010 3,616 60,745 3,970,634 2,019 26,858,963 (14,095,523) 26,431,196 24 7
2011 3,772 65,691 4,128,451 2,047 26,376,422 (13,869,154) 25,607,203 25 7 東京ニューシティ テレマン室内オケ(△東京ニューシティ)
2012 3,742 63,562 4,080,843 2,049 26,199,820 (13,906,174) 25,774,925 25 8 奈良フィル
2013 3,806 64,257 4,247,990 2,035 27,029,120 (14,226,597) 26,388,967 25 8
2014 3,836 67,423 4,016,192 2,042 25,931,093 (13,785,330) 25,785,674 25 8
2015 3,938 68,690 4,237,110 2,146 26,595,559 (14,290,092) 26,261,175 25 9 瀬戸フィル
2016 3,850 69,133 4,340,769 2,213 27,124,923 (14,592,106) 26,480,824 25 9
2017 3,810 68,181 4,293,484 2,230 26,396,322 (14,422,010) 26,174,896 25 11 藝大フィル岡山フィル

会員の入会に関する条件[編集]

正会員[編集]

  1. 法人格を有する非営利団体に所属するプロフェッショナル・オーケストラであること。
  2. 固定給与を支給しているメンバーによる2管編成以上のオーケストラであること。
  3. 定期会員制を採用し、年間5回以上の定期演奏会をはじめとする自主演奏会を10回以上行なっているオーケストラであること。
  4. 運営主体としての事務局組織を持っているオーケストラであること。
  5. 正会員より推薦を受けたオーケストラであること。

以上の条件を勘案し、その実績から正会員として相応しいと運営委員会・理事会が認めたうえ、総会で議決されたオーケストラであること。

準会員[編集]

  1. 「管・打楽器」と「弦楽器」を擁するプロフェッショナルの合奏団であること。
  2. プロフェッショナル・オーケストラとしての演奏活動実績が2年以上あり、定期演奏会をはじめ年間30回以上の演奏活動を行っていること。
  3. 演奏者の構成員は他の会員のオーケストラと重複していないことを原則とする。
  4. 演奏者の構成員は半数以上が固定的に在籍していること。
  5. 専門の経理担当者、楽譜係、舞台担当者を擁する事務局組織を持っていること。

以上の条件を満たし、運営委員会・理事会の承認を経て総会で認められたオーケストラであること。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]