日本ゴールボール協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般社団法人 日本ゴールボール協会
英語: Japan GoalBall Association
略称 JGBA
前身 日本ゴールボール協会(任意団体)
設立 2015年3月
種類 一般社団法人
法人番号 4011805002473 ウィキデータを編集
目的 障害者スポーツの普及・発展
貢献地域 日本の旗 日本
会長 京近高典
ウェブサイト http://www.jgba.jp/
テンプレートを表示

一般社団法人 日本ゴールボール協会(いっぱんしゃだんほうじん にほんごーるぼーるきょうかい、英語: Japan GoalBall Association)は、日本におけるゴールボール競技を統括し、ボールゲームの普及や日本ゴールボール選手権大会の開催を通じて、視覚障害者の自立及び社会参加を促進し、障害者スポーツを促進するために活動する競技団体。公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会に加盟している。

沿革[編集]

事業内容[編集]

日本ゴールボール協会ホームページより[1]

大会開催事業
主催:日本ゴールボール選手権大会、東日本ゴールボール大会、西日本ゴールボール大会
共催:大阪ゴールボール大会、福岡ゴールボール大会
強化合宿等の開催事業
男子強化合宿、女子強化合宿
国際大会派遣事業
パラリンピック大会、国際地域大会
審判員養成・派遣事業
国内審判員養成講習会、国際審判員派遣及び審判講習会
技術講習会・指導者研修会事業
体験教室、選手育成練習会、ゴールボール指導者講習会
情報の収集・提供及び研究、広報事業

日本代表[編集]

女子日本代表がアテネパラリンピック(2004年)から4大会連続で出場している。これまでに金メダル1個、銅メダル1個を獲得。男子日本代表は出場を果たせていない。

出典・脚注[編集]

  1. ^ 2012年度日本ゴールボール協会事業計画”. 日本ゴールボール協会. 2012年9月8日閲覧。

関連項目[編集]