日本ジャーナリスト会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

日本ジャーナリスト会議(にほんジャーナリストかいぎ、英称Japan Congress of Journalists)は、マスメディア関連の編集者ライターPTA新聞及び労働組合機関紙の編集者、フリーライターなどが参加する日本団体。略称:JCJ

概要[編集]

国際ジャーナリスト機構英語版 [注釈 1][1][2] への代表派遣をきっかけに、1955年に結成された[3][4][5]

活動目的は「自由な言論を守り、自由な社会を実現すること」としている[6]

主な活動として、その年の優れた言論・報道活動を行った団体・個人に贈られるJCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)の授与、反戦平和集会の開催などが挙げられる。

2003年にはVAWW-NETジャパンに対して「“慰安婦問題は戦争犯罪”の立場で限られた期間に内外の多方面の専門家の協力のもと、日本政府の国家責任昭和天皇の有罪判決を導き出した精力的な組織活動と、法廷記録(緑風出版・全6巻)をまとめた功績」に対してJCJ特別賞を、中村哲に対して「長年の医療で国籍をこえて信頼されている著者たちの、献身的な水源確保の実践報告は、期せずして日本のジャーナリズム批判になっている」としてJCJ賞をそれぞれ送っている。

東京都千代田区神田三崎町3丁目10-15富士ビル501号に事務所を置く(2020年10月20日時点[7])。

役員体制[編集]

  • 代表委員:清水正文、白垣詔男、隅井孝雄、中村梧郎、藤森研、守屋龍一、吉原功
  • 事務局長:須貝道雄
  • 機関紙編集長:廣瀬功
  • 運営委員:河野慎二、水上人江、橋詰雅博、須貝道雄、矢野昌弘、鈴木賀津彦、藤森研、大野晃、大場幸夫、杉山正隆、廣瀬功、古川英一、保坂義久、丸山重威、茂木章子ほか
  • JCJ賞選考委員会:諌山修、石川旺、伊藤洋子、酒井憲太郎、鈴木耕、藤森研(以上、2020年5月21日時点[8]

機関紙等[編集]

タブロイド判、年間購読料4000円。

 •ホームページ http://www.jcj.sakura.ne.jp/

注釈[編集]

  1. ^ ジャーナリストの国際的組織。1946年設立。1947年以降、本部はプラハにあり1952年に西側諸国が脱退してからは東側諸国のジャーナリストが主体となった。チェコスロバキア共産党中央委員会および多くのKGBエージェントのコントロール下にあったとされている。1995年にチェコ政府は「共産主義体制との歴史的関係」を理由に国際ジャーナリスト機構を国外退去させている。

脚注[編集]

  1. ^ Political posters in Central and Eastern Europe, 1945-95: signs of the times. James Aulich, Marta Sylvestrová. p. 66
  2. ^ 国際ジャーナリスト機構 (コトバンク)
  3. ^ JCJの歴史(日本ジャーナリスト会議サイト内)
  4. ^ レビュー ジャーナリストとして生きる(JCJ50周年記念出版) 05年12月刊行(リベルタ出版サイト内)
  5. ^ 中国が国際ジャーナリスト機構第六回大会への不参加を声明 北京週報1966年10月18日
  6. ^ JCJ(日本ジャーナリスト会議)とは
  7. ^ 【お知らせ】被災から10年目―福島とつながるZoom交流会 11月7日(土) 午後2時から4時
  8. ^ 【お知らせ】 新体制でスタート JCJ新事務局長に須貝道雄=編集部