日本スポーツ用品協同組合連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本スポーツ用品協同組合連合会(にほんスポーツようひんきょうどうくみあいれんごうかい、通称:JSERAは、日本においてスポーツ用品小売業者によって組織された40の協同組合と7の組合から構成される協同組合連合会。

事業内容[編集]

スポーツ用品小売にかかわる情報を共有し、組合員の経済的地位の安定を図ることを目的としている。

沿革[編集]

  • 1959年(昭和34年)10月27日 - 全国運動用具小売商組合連合会創立。
  • 1999年(平成11年) - 法人化し通称をJSRとする。
  • 2008年(平成20年) - 日本スポーツ用品協同組合連合会に改称。

関連団体[編集]

  • 全国運動用品商工団体連合会
    • 日本スポーツ用品工業協会
    • 全日本スポーツ用品卸商組合連合会
    • 日本ゴルフ用品協会
    • 日本スキー産業振興協会

関連項目[編集]