日本テレビ系列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

日本テレビ系列(にほんテレビけいれつ)とは、日本テレビ放送網(日本テレビ)をキー局とする放送事業者ネットワークである。

概要[編集]

日本テレビ系列には、2つのネットワークが存在している。一つは 日本ニュースネットワーク(Nippon News Network,NNN)であり、もう一つは日本テレビネットワーク協議会(Nippon Television Network System,NNS)である。前者はニュース番組を、後者はそれ以外の放送番組の供給をそれぞれ目的としている。

中波ラジオ局として始まったラジオ・テレビ兼営の老舗局(当該地区先発局)がTBS系列局に次いで多い[1][2]

日本テレビ系列の一覧[編集]

地上波[編集]

記号

エリア 略称/ID 社名 本社所在地 開局日又は
テレビ放送開始日
NNN加盟日 備考 記号
北海道 STV 5 札幌テレビ放送 北海道札幌市中央区 1959年4月1日 1966年4月1日発足時 基幹局[注 2] ○△
青森県 RAB 1 青森放送 青森県青森市 1959年10月1日 [注 3] ●△
岩手県 TVI 4 テレビ岩手 岩手県盛岡市 1969年12月1日 [注 4] ○△
宮城県 MMT 4 宮城テレビ放送 宮城県仙台市宮城野区 1970年10月1日 基幹局。旧通称:MTB(開局-1975年)、mm34(1975-1985年)。[注 5]
秋田県 ABS 4 秋田放送 秋田県秋田市 1960年4月1日 1966年4月1日発足時 ●△◆
山形県 YBC 4 山形放送 山形県山形市 1960年4月1日 [注 6] ●△
福島県 FCT 4 福島中央テレビ 福島県郡山市 1970年4月1日 1971年10月1日 本社は郡山市[注 7]
関東広域圏 NTV 4 日本テレビ放送網 東京都港区 1953年8月28日 1966年4月1日発足時 キー局、基幹局。日本初の民放テレビ局。 ○△
山梨県 YBS 4 山梨放送 山梨県甲府市 1959年12月20日
新潟県 TeNY 4 テレビ新潟放送網 新潟県新潟市中央区 1981年4月1日 旧通称:TNN(開局 - 1997年)。
長野県 TSB 4 テレビ信州 長野県長野市 1980年10月1日 1980年9月30日までは日本テレビ長野支局が取材を担当。[注 8][注 9]
静岡県 SDT 4 静岡第一テレビ 静岡県静岡市駿河区 1979年7月1日 1978年6月30日までは日本テレビ報道局静岡駐在部が取材を担当。
富山県 KNB 1 北日本放送 富山県富山市 1959年4月1日 1966年4月1日発足時 ●△◆
石川県 KTK 4 テレビ金沢 石川県金沢市 1990年4月1日 1990年3月31日までは北日本放送(金沢・能登地区)と福井放送(小松・加賀地区)が取材を担当。
福井県 FBC 7 福井放送 福井県福井市 1960年6月1日 1966年4月1日発足時 1989年4月1日からANNとのクロスネット。[注 10] ●△
中京広域圏 CTV 4 中京テレビ放送 愛知県名古屋市中村区 1969年4月1日 1973年4月1日 基幹局
近畿広域圏 ytv 10 讀賣テレビ放送 大阪府大阪市中央区 1958年8月28日 1966年4月1日発足時 準キー局、基幹局
鳥取県 NKT 1 日本海テレビジョン放送 鳥取県鳥取市 1959年3月3日 [注 11]
島根県 山陰地区の放送局相互乗り入れ開始時から放送対象地域に。
広島県 HTV 4 広島テレビ放送 広島県広島市東区 1962年9月1日 基幹局。[注 12]
山口県 KRY 4 山口放送 山口県周南市 1959年10月1日 本社は周南市[注 13] ●△◆
徳島県 JRT 1 四国放送 徳島県徳島市 1959年4月1日 ●◆
香川県 RNC 4 西日本放送 香川県高松市 1958年7月1日
岡山県 1979年4月1日から放送対象地域に(ただし、取材はそれ以前から西日本放送が担当している[4])。
愛媛県 RNB 4 南海放送 愛媛県松山市 1958年12月1日 ●△
高知県 RKC 4 高知放送 高知県高知市 1959年4月1日 ●△
福岡県 FBS 5 福岡放送 福岡県福岡市中央区 1969年4月1日 基幹局。正式の放送対象区域は福岡県のみ。
1969年3月31日までは日本テレビ九州分室が取材を担当した。[注 14]
佐賀県 なし 福岡放送が取材を担当している。
長崎県 NIB 4 長崎国際テレビ 長崎県長崎市 1991年4月1日
熊本県 KKT 4 熊本県民テレビ 熊本県熊本市中央区 1982年4月1日
大分県 TOS 4 テレビ大分 大分県大分市 1970年4月1日 FNN/FNS[注 15]クロスネット局。[注 16]
宮崎県 UMK 3 テレビ宮崎 宮崎県宮崎市 1970年4月1日 1979年4月1日 FNN/FNS・ANNクロスネット局。ただし、NNSには非加盟。
鹿児島県 KYT 4 鹿児島讀賣テレビ 鹿児島県鹿児島市 1994年4月1日
沖縄県 なし 日本テレビ那覇支局が取材を担当している。

衛星放送[編集]

関連する法人[編集]

日本テレビ系列に関連する法人に、公益財団法人日本テレビ小鳩文化事業団がある。

同事業団は、1973年に設立されて日本テレビ系列各社が出捐した「財団法人日本テレビ系列愛の小鳩事業団」と、1976年に日本テレビによって設立された「財団法人日本テレビ放送網文化事業団」を統合し、2012年4月に発足した。

日本テレビ系列各社では「愛の小鳩事業団」の下、障害者福祉に関する活動を実施しており、「小鳩文化事業団」統合後も点字カレンダー配布などの取り組みが継続されている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 関連会社として日本テレビにはRFラジオ日本、テレビ岩手にはエフエム岩手(TVI社屋内に本社・演奏所を設けている)がある。札幌テレビは2005年10月1日からラジオ部門が子会社のSTVラジオへ移行(TV放送が先に始まり、数年遅れてラジオ放送が始まっている為、コールサインは開局当初から網走局以外ラテ別々)。
  2. ^ 1969年10月1日 - 1972年3月31日の間はFNSに加盟していた(実際は1959年4月1日の開局時からフジの制作番組をネットしていた)が、FNNには開局から一貫して加盟していない。
  3. ^ 1975年3月31日 - 1991年9月30日の間はANNとのクロスネットだったが、ANN加盟期間中もNNNの報道番組を全て放送していたため、事実上NNNフルネット局扱いであった。
  4. ^ 1970年1月1日ANN発足(ただし、正式には1974年4月1日発足) - 1980年3月31日の間はANNとのクロスネットだったが、ANN加盟期間中もNNNの報道番組を全て放送していたため、事実上NNNフルネット局扱いであった。
  5. ^ 1970年10月1日開局(ただし、正式には1974年4月1日) - 1975年9月30日の間はANNとのクロスネットだった。
  6. ^ 1980年4月1日 - 1993年3月31日の間はANNとのクロスネットだったが、ANN加盟期間中もNNNの報道番組を全て放送していたため、事実上NNNフルネット局扱いであった。
  7. ^ 1970年4月1日開局 - 1971年9月30日の間はFNN/FNS/ANNのクロスネット局、1971年10月1日 - 1981年9月30日の間はANNとのクロスネットだった。
  8. ^ 1980年10月1日開局 - 2007年9月30日の間は松本市に本社があった。
  9. ^ 1980年10月1日開局 - 1991年3月31日の間はANNとのクロスネットであった。
  10. ^ 日本テレビのウェブサイトによる国内ネットワーク表では、クロスネット局としていない。これはNNNの指定するニュース番組がキー局と同時ネットしているためである。なお、ANNの指定するニュース番組は昼11時台のニュースのみキー局と同時ネットである。
  11. ^ 1959年8月1日 - 12月14日の間はJNNに加盟。
  12. ^ 1966年4月1日発足 - 1975年9月30日の間はFNN/FNSとのクロスネットだった。
  13. ^ 1978年10月1日 - 1993年9月30日の間はANNとのクロスネットだったが、ANN加盟期間中もNNNの報道番組を全て放送していたため、事実上NNNフルネット局扱いであった。
  14. ^ 日本テレビ放送網 『大衆とともに25年 -沿革史-』、1978年、137頁。 
  15. ^ テレビ大分は、一部資料でFNSが非加盟扱いとされているが、FNSホームページ内では加盟の扱いであり、FNSのトップページにもリンクがある。『日本民間放送年鑑 2008(平成19年度版)』〔日本民間放送連盟・編、コーケン出版、2008年11月、ISBN 4-9903139-2-5〕の「FNS」紹介欄では「テレビ大分を除いた27局」とテレビ大分をFNS非加盟としている。ただし、FNSのあゆみ(FNSホームページ内)では加盟の扱い。
  16. ^ 1970年4月1日開局 - 1993年9月30日の間はFNN/FNS・ANNクロスネットであった。

出典[編集]

  1. ^ RAB、ABS、YBC、YBS、KNB、FBC、KRY、JRT、RNC、RNB、RKCの11局が該当・現存し、全局がJRNNRNのクロスネット。ラジオ部門を子会社化したSTV(ラジオ)に関してのみNRN単独局。このうちRAB・KRY・RNC・RNB・RKCの5局はラジオ単営局(「ラジオ○○」)時代の略称を(現在の「○○放送」へ)社名変更後も使用している。
  2. ^ NNN/NNS系列の基幹局は全てTV単営である(STVは一時ラテ兼営だったが子会社として分社化)。
  3. ^ Yahoo!ニュース ニュース提供社
  4. ^ 日本テレビ放送網 『大衆とともに25年 -沿革史-』、1978年、373-374頁。 
  5. ^ 上記地上波一部のNNN系列局・BS日テレ・BSスカパー!で一部時間帯に同時放送。また、NOTTVでも2012年11月 - 2013年3月まで全時間帯同時放送。ただし、スカパー!プレミアムサービスのHD画質(旧・スカパー!HD)での放送は非実施で、4:3SD画面での放送だった(上下に時刻情報や天気ループ、ロゴ、ニューステロップなどが表示される)。同時放送する地上波NNN局(日本テレビ・中京テレビを除く)でも画面の上下に時刻情報や天気ループ、ロゴ、ニューステロップなどが表示され、左右は黒幕となっていた。日本テレビ・中京テレビ・BS日テレ・BSスカパー!・NOTTVでは16:9フル画面。スカパー!(東経110度CS放送)では2018年9月26日より、スカパー!プレミアムサービスでは2014年9月25日よりそれぞれハイビジョン化された。

関連項目[編集]