日本テレビ系列平日午後3時台のワイドショー枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本テレビ系列平日午後3時台のワイドショー枠(にほんテレビけいれつへいじつごご3じだいのワイドショーわく)とは、日本テレビをはじめとするNNS系列で、平日月曜日 - 金曜日)の15時台に放送されているワイドショーのこと。

歴史[編集]

1982年4月にそれまで午後5時台に放送していた『マイスタ芸能ワイド』を午後3時台に枠移動、『芸能マイスタ』として『2時のワイドショー』(読売テレビ)とのコンプレックス編成として開始する。元々関東ローカル番組を由来としていたことから長らくローカルセールス枠だった。同年10月より放送時間を55分に拡大し、『酒井広うわさのスタジオ』として本格参入を果たす。

1987年の『午後は○○おもいッきりテレビ』開始時には『うわさのうわさ』として実質番組内コーナー扱いとなる。以後芸能ゴシップ路線が続くが、1989年10月開始の『キャッチ』からは社会事件も取材対象に取り入れる。1992年の『ごくらく生テレビ』で一旦は生活情報路線となる。

1993年4月改編にて読売テレビ平日午後2時台のワイドショー枠(当時は『Beアップル2時!』)と統合し、東阪2元放送の2時間ワイドショー『ザ・ワイド』となる。その後、全編東京から放送するようになる。この頃それまで独自編成をしていた札幌テレビ山梨放送北日本放送らが次々と本枠のネットを受け入れ、ナショナルスポンサーの付いた全国ネット体制を整える。

2007年9月に『ザ・ワイド』は終了し日本テレビとテレビ信州では再放送枠となるが、読売テレビが夕方ワイド番組として放送していた『情報ライブ ミヤネ屋』を同年10月改編で事実上『ザ・ワイド』の後継番組に移行する。これによりそれまで『ザ・ワイド』をネットしていた大半の系列局は『ミヤネ屋』のネットを希望する。日本テレビも2008年4月より午後2時台のみ『ミヤネ屋』のネットを受けつつ、午後3・4時台では関東ローカルの情報番組『アナ☆パラ』を開始する。しかし『ミヤネ屋』の人気とは対照的に『アナ☆パラ』は低迷したため同年9月で終了。現在NNS各局では『ミヤネ屋』を午後2・3時台に跨いで全編ネットしている。

主な番組[編集]

日本テレビ(キー局)における番組変遷[編集]

番組名 放送期間 備考
2時のワイドショー芸能マイスタ 1982年4月 - 9月 『2時のワイドショー』の延長部。延長部は日本テレビ単独制作。17時台のワイドショーが移動。
酒井広のうわさのスタジオ 1982年10月4日 - 1987年10月2日 日本テレビ単独制作。
午後は○○おもいッきりテレビ・うわさのうわさ 1987年10月5日 - 1988年9月30日 『午後は○○おもいッきりテレビ』の15時台のコーナー。当コーナーは日本テレビ単独制作。
芸能スクランブル!! 1988年10月3日 - 1989年3月31日 日本テレビ単独制作。
スクランブル3 1989年4月3日 - 9月29日 日本テレビ単独制作。
キャッチ 1989年10月2日 - 1992年3月27日 日本テレビ単独制作。
峰クンしげるのごくらく生テレビ 1992年3月30日 - 9月 日本テレビ単独制作。生活情報番組。
ごくらく生テレビ 1992年10月 - 1993年4月2日 日本テレビ単独制作。生活情報番組。
ザ・ワイド 1993年4月5日 - 2007年9月28日 日本テレビ・読売テレビ共同制作→読売テレビ・日本テレビ共同制作の全国ネット番組(番組開始当初は一部地域で非ネット)。
13:55 - 15:50の2時間枠(番組開始当初は14:00開始の地域あり)。14時台と統合。
(ワイドショー一旦中断)
アナ☆パラ 2008年3月31日 - 7月31日 日本テレビ単独制作。情報番組。16時台と統合。当番組のみ月曜 - 木曜での放送。金曜日のみワイドショーの中断を継続。
(ワイドショー2度目の中断)
情報ライブ ミヤネ屋(第2部)
→情報ライブ ミヤネ屋
2008年9月1日 - 現在[1] 読売テレビ単独制作。2008年3月31日から第1部(13:55 - 14:55)がネットセールス番組に昇格している。
第2部はローカルセールスであるが、ネット局が増加し、唯一の非ネット局であった福岡放送でも2011年4月4日[2]からネット開始で系列28局ネットとなり、
第1部同様完全に全国ネット番組となる。ただし、ローカルセールス枠のままであった。
2014年9月29日から、第1部・第2部の枠切りがなくなり、全編ネットワークセールス枠に変更。

日本テレビにおけるワイドショー中断期に放送された主な番組[編集]

日本テレビ[編集]

  • ドラバラZONE(第2部)(2007年10月1日 - 2008年3月28日) - 日本テレビにおけるワイドショー最初の中断期に放送されたドラマ再放送枠。『ザ・ワイド』の後継番組として14時台の第1部から放送。
  • ドラバラPUSH(2008年4月4日 - 8月1日) - 『アナ☆パラ』放送期間中、同番組の放送がなかった金曜日に放送されたドラマ再放送枠。
  • ゴゴドラ(第1部)(2008年8月4日 - 29日) - 日本テレビにおけるワイドショー2度目の中断期に放送されたドラマ再放送枠。16時台(当時の第2部)は継続するも、2012年3月で終了。

テレビ信州[編集]

  • ドラバラZONE(第2部)(2007年10月1日 - 12月28日)
    日本テレビにおけるワイドショー最初の中断前期に放送されたドラマ再放送枠。日本テレビと同時ネット。『ザ・ワイド』の後継番組として14時台の第1部から放送。2008年1月7日からは当番組の後継番組として『情報ライブ ミヤネ屋』の(第1部・)第2部をネット開始。

読売テレビ[編集]

  • 情報ライブ ミヤネ屋(第2部)(2007年10月1日 - 2008年8月31日[1]
    日本テレビにおける2度のワイドショーの中断期間も含め、当時間帯に放送されたワイドショー。2007年12月28日までは日本テレビ・テレビ信州以外の系列26局が、2008年3月28日までは日本テレビ以外の系列27局がそれぞれネットしていた。このうち、多くの系列局が第1部・第2部をセットでネットしていたが、第1部のみのネット局も数局存在した。また、ネットセールス化前の第1部は非ネット局(日本テレビ・広島テレビおよび2007年12月28日までのテレビ信州)があったが、2008年9月26日まで存在した第3部は読売テレビ・中京テレビ・広島テレビおよび第1部ネットセールス化後の西日本放送がネットしていた。なお、2008年9月1日からは日本テレビでも第2部までネットするようになった。

福岡放送[編集]

  • めんたいワイド(2007年10月1日 - 2011年3月10日[3]
    日本テレビにおける2度のワイドショーの中断期間も含め、当時間帯に放送された自社ワイド番組。『情報ライブ ミヤネ屋』(第1部)は2007年10月9日からネットを開始。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 番組そのものは読売テレビでは2006年7月31日から放送開始。また、日本テレビ・テレビ信州以外の系列26局では2007年10月1日から、テレビ信州では2008年1月7日から、日本テレビでは2008年3月31日から、それぞれネット開始。
  2. ^ 東日本大震災による特別編成の影響で、実質的には2011年3月11日からネット開始していた。
  3. ^ 番組自体は1995年10月2日開始。『情報ライブ ミヤネ屋』(第2部)の後枠で現在も放送中。

関連項目[編集]