日本ネットワークサポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 日本ネットワークサポート
Nihon Network Support Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
541-0051
大阪市中央区備後町3丁目6番2号
設立 2005年10月1日
業種 製造業
法人番号 4120001072691
事業内容 金属製品・コンクリート製品・がいし製品の製造・販売
資本金 4億1,225万円
売上高 169億円
純利益 3億8200万円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 186億6100万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 246億0300万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 460名
主要株主 関西電力、関電不動産、その他関電グループ6社、太平洋セメントほか
外部リンク 日本ネットワークサポート
テンプレートを表示

株式会社日本ネットワークサポート(にほんネットワークサポート、英称:Nihon Network Support Co.,Ltd.)は、大阪市中央区に本社を置く金属製品・コンクリート製品・がいし製品の製造販売を行う企業。略称は、NNETS(エヌネッツ)。コーポレートカラーは、「ブルー・ジターヌ」。

概要[編集]

関西電力グループ企業再編に伴い、2005年(平成17年)10月、発電所検査事業等を関西電力ほかに移管したうえで、日本アームならびに近畿コンクリート工業、大トーの3社を統合。配電資機材の製造・販売に特化して設立。社名は、「日本」の配電送電情報通信等「ネットワーク」の支持物(「サポート」)を設計・製作することに由来。

沿革[編集]

  • 1956年(昭和31年)7月-関西電力株式会社出身の小松原喬により軽量腕金(アーム)ほか製造のベンチャー企業日本アーム工業株式会社」として設立。
  • 1964年(昭和39年)-関西電力の資本参加を得て、関西電力グループ企業の一員となる。
  • 1992年(平成4年)発電所検査事業等への進出など事業多角化に伴い、「株式会社日本アーム」に社名変更。
  • 2004年(平成16年)10月-関西電力グループ企業再編に伴い、同じく関西電力グループ企業との統合が計画されていたが、同年8月に発生した関西電力美浜発電所3号機事故の影響を受け、統合を延期。
  • 2005年(平成17年)10月-発電所検査事業等を関西電力ほかに移管したうえで、同社ならびに「近畿コンクリート工業株式会社」「大トー株式会社」の3社を統合。配電資機材の製造・販売に特化した「株式会社日本ネットワークサポート」を設立。

 

事業所[編集]

関連子会社[編集]

  • 近貨

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]