日本プロ野球中継番組一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本プロ野球中継番組一覧(にっぽんプロやきゅうちゅうけいばんぐみいちらん)

テレビ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ系列[編集]

全国放送
ローカル放送

テレビ朝日系列[編集]

全国放送
ローカル放送
BS朝日の独自編成中継

TBS系列[編集]

全国放送
ローカル放送

テレビ東京系列[編集]

全国放送
ローカル放送

フジテレビ系列[編集]

全国放送
ローカル放送

独立系BSデジタル放送[編集]

独立局[編集]

スカパー![編集]

過去

この他に以下の各局でも中継が行われる。

巨人戦ホーム全試合完全放送、NNS系列で放送する甲子園での阪神戦及びマツダスタジアムの広島戦トップ&リレーナイター=地上波においてytv・及び広島テレビのローカル放送、及び日本テレビ(関東ローカル)との2局ネットに降格した場合は完全中継となる。番組タイトルは地上波と同一
ロッテ戦ホームゲームを放送。主に完全生中継だが、他のスポーツ中継等により録画中継となる場合もある。BS日テレと同時放送の場合もある。番組タイトルは地上波と同一
2013年まではJNN系列およびBS-TBSで放送される巨人戦ビジターゲーム=中日戦、広島戦を放送=トップ&リレーナイター(一部完全生中継)。ただし、TBSニュースバードでDeNAホームゲーム中継とJNN系列およびBS-TBSで放送される巨人戦ビジターゲーム=中日戦、広島戦が重なる場合に限り放送されていた。2014年以降はDeNA戦ホーム全試合とJNN系列およびBS-TBSで放映されるプロ野球中継番組のCSでの放映は全てこのチャンネルで放映される[11](シーズン開幕から5月末迄は、一部試合を除いてサイマル放送体制でTBSニュースバードと同時生中継していた。5月28日の対ソフトバンク戦を以て、TBSニュースバードでのスポーツ中継枠は一旦全廃となった)。
2013年まではDeNA戦ホーム全試合完全放送とJNN系列およびBS-TBSで放送される巨人戦ビジターゲーム=DeNA戦、中日戦、広島戦=トップ&リレーナイター(一部完全生中継)、番組タイトルは地上波と同一。2015年から2017年まではロッテ戦ホームゲームの中継を行っていた[12]
  • フジテレビONE+TWO「プロ野球中継(西暦)」
FNS系列で(一部はBSフジでも)放送される巨人戦ビジターゲーム=中日戦、広島戦、阪神戦を放送=完全生中継(主にONE)。なお、ONEでヤクルトホームゲーム中継とFNS系列で放送する巨人戦ビジターゲーム=中日戦、広島戦、阪神戦が重なる場合はTWOで放送される。ただし、ONEのヤクルト戦のみならずTWOで西武戦中継とも重なる場合の対応は不明。
  • テレ朝チャンネル2
ANN系列およびBS朝日で放送される広島対巨人戦を完全生中継するほか、阪神対巨人戦も年1~2試合程度完全生中継する[13]。番組タイトルは地上波と同一。

上記7チャンネルは地上波中継の有り無しに関係なく完全生中継を行っている。

  • 「スカパー!」の200ch、「e2 by スカパー!」の100chで無料放送されることがある。例として2008年9月27日の「阪神vs巨人」戦(阪神甲子園球場)を完全生中継した。これは「スカイ・A」がKスタ宮城での楽天戦を最後まで中継することによってとった措置である(スカイ・Aでは18時41分から飛び乗って中継)。広島対巨人戦は枠の都合がつかない場合、パーフェクトチョイス(現スカチャン)で放送するが、プロ野球セットに加入しないと視聴できない。(阪神対巨人も過去に1試合このケースがある)。尚、ロッテ主催全試合と日本ハム、オリックス主催の一部をパーフェクトチョイスで放送していた時期があった。

ケーブルテレビ[編集]

ラジオ[編集]

放送局 系列 番組名 備考
HBC 北海道放送 JRN/NRN HBCファイターズナイター
(サタデー・サンデーファイターズ)
STV STVラジオ NRN STVファイターズLIVE
RAB 青森放送 JRN/NRN RABゴールデンナイター
ABS 秋田放送 JRN/NRN ABSダイナミックナイター
IBC IBC岩手放送 JRN/NRN IBCラジオ ゴールデンナイター
YBC 山形放送 JRN/NRN YBCエキサイトナイター
TBC 東北放送 JRN/NRN TBCパワフルベースボール
(イーグルスナイター、サタデー・サンデーイーグルス)
Rakuten.FM TOHOKU コミュニティFM EAGLES BASEBALL GAME SHOW
RFC ラジオ福島 JRN/NRN エキサイティングゲームRFCナイター
IBS 茨城放送 NRN IBSダイナミックナイター
CRT 栃木放送 NRN CRT金曜ナイター
NACK5 独立系FM局 NACK5 SUNDAY LIONS
QR 文化放送 NRN 文化放送ライオンズナイター
文化放送ホームランナイター
LF ニッポン放送 NRN ニッポン放送ショウアップナイター
RF RFラジオ日本 独立系AM局 ラジオ日本ジャイアンツナイター
ラジオ日本マリーンズナイター
BSN 新潟放送 JRN/NRN BSNビッグナイター
SBC 信越放送 JRN/NRN SBCドリームナイター
YBS 山梨放送 JRN/NRN YBSラジオ パワー・ザ・ナイター
KNB 北日本放送 JRN/NRN KNBダイナミックナイター
MRO 北陸放送 JRN/NRN MROゴールデンナイター
FBC 福井放送 JRN/NRN FBCゴールデンナイター
SBS 静岡放送 JRN/NRN SBSビッグナイター
CBC CBCラジオ JRN CBCドラゴンズナイター
(ドラゴンズサタデー・サンデー、ドラゴンズスペシャル)
SF 東海ラジオ NRN 東海ラジオ ガッツナイター
(ガッツナイタースペシャル)
GBS 岐阜放送 独立系AM局 ゴールデンナイター
KBS 京都放送 NRN KBS京都エキサイティングナイター
WBS 和歌山放送 JRN/NRN WBSゴールデンナイター
MBS 毎日放送 JRN/NRN MBSベースボールパーク
ABC 朝日放送 JRN/NRN ABCフレッシュアップベースボール
CRK ラジオ関西 独立系AM局 ラジオ関西ジャイアンツナイター
RSK 山陽放送 JRN/NRN RSKエキサイトナイター
RCC 中国放送 JRN/NRN RCCカープナイター
(RCCカープデーゲーム中継)
BSS 山陰放送 JRN/NRN BSSダイナミックナイター
KRY 山口放送 JRN/NRN KRYエキサイトナイター
JRT 四国放送 JRN/NRN JRTゴールデンナイター(NPB戦中継)
ラジオを持ってスタジアムへ行こう!徳島インディゴソックス戦中継
四国アイランドリーグplus戦中継)
RNC 西日本放送 JRN/NRN RNCビッグナイター
RNB 南海放送 JRN/NRN RNBドリームナイター
RKC 高知放送 JRN/NRN RKCゴールデンナイター
RKB RKB毎日放送 JRN RKBエキサイトホークス
KBC 九州朝日放送 NRN KBCホークスナイター
(KBCダイナミックホークス)
NBC 長崎放送 JRN/NRN NBCゴールデンナイトゲーム
RKK 熊本放送 JRN/NRN RKKゴールデンナイター
OBS 大分放送 JRN/NRN OBSゴールデンナイター
MRT 宮崎放送 JRN/NRN MRTエキサイティングナイター
MBC 南日本放送 JRN/NRN MBCエキサイトナイター
ROK ラジオ沖縄 NRN ROKゴールデンナイター
凡例
JRN単独
NRN単独(平日:ニッポン放送、週末:文化放送受け持ち)
RFラジオ日本単独受け持ち
◇独自内容
※曜日により独自にネットする試合を変えることがある局。以下に記述。
rfcラジオ福島…水曜日に東北楽天ゴールデンイーグルスのホームゲームがある場合、東北放送制作のTBCパワフルベースボール(NRN系)をネット受けする。
NBC長崎放送、RKK熊本放送…火曜日はRKB毎日放送制作「RKBエキサイトホークス」(JRN系)を、水曜日は九州朝日放送制作「KBCホークスナイター」(NRN系)をそれぞれネット受けする。
KRY山口放送、OBS大分放送、MBC南日本放送…火曜日はRKB毎日放送制作「RKBエキサイトホークス」(JRN系)をネット受けする。
JRT四国放送・・・年間10試合程度、「ラジオを持ってスタジアムへ行こう!徳島インディゴソックス戦中継」を自主制作する。
JRNナイターとNRNナイター
  • 2018年時点で、NRNナイターでニッポン放送は月曜、文化放送は日曜の放送がない(文化放送については日曜は中継を行う系列局向けの裏送り・技術協力は行う他、NRN事務局では名目上日曜にもNRNナイター枠を編成している)。
    • JRNナイターはキー局TBSラジオが中継を2017年限りで廃止したため、各系列局ごとに個別的なネットを行い、ニッポン放送・文化放送・RFラジオ日本もJRN系列局への裏送りや技術協力を行っている。またTBSラジオは横浜DeNAベイスターズ主催試合に限り引き続きJRN系列局への裏送りや技術協力を行っている。
  • 大半の地方局では水 - 金にNRNのネットを受けることが多い(ごく一部火・土のネットを受ける局もあり、また逆に水・木曜日の放送を行わない局もある)。
    • 月・日曜日は実質的に本拠地の所在する地域の局のみの個別ネット放送となる(特に月曜日は2018年現在ネットワーク番組扱いでなくなっている)。詳細はそれぞれのナイター番組の項を参照されたい。
  • TBCRCCは、土・日デーゲームとTBC火はJRN、RCCの火ナイター(デーゲームについては未定)とTBC・RCCの水~金はNRNのネットを受ける。土・日ナイターが放送される場合はTBCはJRN系列局との個別ネットを優先し、RCCはNRNのネットを受ける。月曜は後述。
  • MBSは月・金はJRN、火~木はNRN。土・日は自社制作だが、阪神タイガース戦ならびにオリックス・バファローズ戦(後者はホームゲームのみ)がデーゲーム開催や試合中止となった場合や、阪神戦のビジターゲームで自社制作を見送った場合はニッポン放送やHBC・CBC・RKBの本番、TBCの本番または裏送り、RCCの裏送り音源を中継する。
  • ABCは火~木はJRN、月・金・土・日はNRN。2007年度以後は土・日のナイター中継は阪神戦(ホーム・ビジター共)のみとなる(2008年以降は7~9月期に限り全国放送ナイターの放送を再開)ため、阪神戦がデーゲームの場合または中止時のオリックス主催のナイターは対戦相手の地元局・またはJRN(~2009年)・NRN(2010年~)全国ネットへの裏送りとなる。(カードにより裏送りの場合と自社でも放送する場合に分かれる。)
  • 上記の関西の2局(ABC・MBS)については、HBC・CBC・RKBが土・日の関西発の試合をネットする場合に限り、どちらかの局がJRN扱いとして放送する。資本関係のあるMBS・RKBとABC・KBCや日曜日の巨人対中日戦デーゲームの裏カード時のSFを中心に多少の例外はあるが、ナイターはMBSから(ABCがNRNナイターを優先するため)、デーゲームはABCからのネットとなることが多い。ABCがJRN扱いとした場合、MBSの中継が同一地域のNRN系列局向けとなる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 旧タイトルは「ぶっちぎりTigers」。
  2. ^ 2006 - 2010年は「ザ・プロ野球」、2011年は「BANG BANG BASEBALL」、2012 - 2015年は「侍プロ野球」だった。
  3. ^ 以前はザ・プロ野球 RKBエキサイティングホークス→RKB BANG BANG BASEBALL→侍プロ野球 HAWKS Liveというタイトルを使用していたが、2016年にTBSがSAMURAI BASEBALLに変更したことに伴いこのタイトルに変更。
  4. ^ a b FNS系列局のローカル枠中継。CS放送のフジテレビONE+TWOでも同時放送。
  5. ^ 『BSフジLIVE プロ野球2016~野球道~』 BSフジ
  6. ^ 2001年のみ『BS FUJIハイビジョンナイター』(ヤクルト、横浜戦)を独自編成していた。
  7. ^ 2014年と2015年は「BASEBALL LIVE」を使用していた。
  8. ^ 以前は「HAWKS Live」、2016年は「HAWKS HERO'S LIVE」、2017年は「ホークス1(ワン)ダホー!LIVE」を使用していた。
  9. ^ スポーツテレビ局J SPORTS プロ野球2015シーズン 4球団徹底放送! - JSPORTS、2014年12月26日閲覧
  10. ^ 旧題は「BASEBALL CENTER」。
  11. ^ お知らせ TBSチャンネル公式サイト(2014年3月2日閲覧)
  12. ^ CS放送「TBSニュースバード」でプロ野球千葉ロッテマリーンズ主催公式戦全試合を完全生中継 Archived 2014年12月26日, at the Wayback Machine. - TBS、2014年12月26日閲覧
  13. ^ プロ野球中継2016 Archived 2016年6月15日, at the Wayback Machine. テレ朝チャンネル、2016年6月15日閲覧。

関連項目[編集]