日本ペットフード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本ペットフード株式会社
Tennouzu first tower higashishinagawa shinagawa tokyo 2009.JPG
本社が入居する天王洲ファーストタワー
種類 株式会社
略称 NPF
本社所在地 日本の旗 日本
140-0002
東京都品川区東品川2丁目2-4
天王洲ファーストタワー5F
設立 1963年12月24日
業種 食料品
法人番号 8010701018761
事業内容 ペットフードの製造・販売
代表者 代表取締役社長 宮原直樹
資本金 1億円
純利益 1億4930万円(2018年11月30日時点)[1]
総資産 71億9821万8000円(2018年11月30日時点)[1]
外部リンク http://www.npf.co.jp/
特記事項:ペットフード工業会正会員、ペットフード公正取引協議会会員、日本ペット栄養学会会員、日本愛玩動物協会特定団体正会員
テンプレートを表示

日本ペットフード株式会社(にっぽんペットフード)は日本のペットフードメーカー。

概要[編集]

1963年12月、配合飼料大手の協同飼料を母体に設立。アメリカ合衆国でペットフードが成長産業になっていることから、日本でも将来的なペットフードの普及が見込めるとして、協同飼料が1960年からイヌ用飼料(ドッグフード)の「ビタワン」を発売。それを1963年に日本ペットフードが引き継いで販売をしている。以後、ネコ金魚などの飼料を販売し、日本最大手のペットフードメーカーとして成長を遂げている。

1972年静岡県磐田郡浅羽町(現・袋井市)に自前のペットフード専用工場である静岡工場を開設。1999年より研究所も工場に併設して、研究開発と生産の体制充実を図っている。

なお研究所は1956年に協同飼料の研究所として神奈川県横浜市保土ケ谷区権太坂一丁目(県立光陵高等学校の隣)に設立され、1999年に現在地に移転するまで東海道線の車窓から見ることもできた。(協同飼料の研究拠点は1996年に移転)

2014年3月、協同飼料は保有する株式(所有割合40%)の一部を譲渡(譲渡後の所有割合は5%)したため、協同飼料の持分法適用関連会社ではなくなった。

主な商品[編集]

鯉用の餌はかつて吉田飼料から発売されており、『ドラえもん』等藤子不二雄作品のテレビ朝日系列放送のテレビアニメや、『おそ松くん』や『平成天才バカボンフジテレビ系列放送に長年協賛しCMを放映した。

スポンサー番組[編集]

過去

脚注[編集]

[ヘルプ]