日本レジャーカードシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本レジャーカードシステム株式会社(にほんレジャーカードシステム)は、かつて存在した日本の企業。

概要[編集]

パチンコ店向けプリペイドカードパッキーカード」の発行、カード読み取り機の製造を主業務としていた。

1988年設立。当初はNTTデータ三菱商事が大株主で[1]、警察の共済組織である「株式会社たいよう共済」も出資していた[2]。その後パチンコ機向けソフトウェア開発を手がけるデータ・アートの傘下に入り、2005年には電子部品商社の加賀電子の出資を受けるが[3]2007年5月に日本ゲームカードの子会社となり[4]2008年4月に吸収合併された。

企業データ[編集]

  • 商号 - 日本レジャーカードシステム株式会社
  • 所在地 - 東京都江東区亀戸1丁目5-7
  • 設立 - 1988年10月
  • 代表者 - 代表取締役社長 野澤由積 (2007年5月)
  • 資本金 - 40億円
  • 事業内容 - プリペイドカードの製造販売、関連機器製造販売

脚注[編集]