日本一のワルノリ男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本一のワルノリ男
監督 坪島孝
脚本 田波靖男
製作 渡辺晋
田波靖男
音楽 山本直純
撮影 鷲尾馨
編集 武田うめ
配給 東宝
公開 日本の旗 1970年12月31日
上映時間 87分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 日本一のヤクザ男
次作 日本一のショック男
テンプレートを表示

日本一のワルノリ男』(にっぽんいちのワルノリおとこ)は、1970年に制作された植木等主演の「日本一シリーズ」第9弾。併映は渡辺プロ作品『喜劇 右むけェ左!』(主演:堺正章、監督:前田陽一)。

概要[編集]

古澤憲吾須川栄三に続き、坪島孝が初めて監督した「日本一シリーズ」の一作。以後『日本一のショック男』まで坪島が担当する。

この時期、クレージーの人気は低下の一途をたどっており、そのため当作品からは、ザ・ドリフターズ加藤茶を準主役に起用、ポスター等でも植木と同等の扱いとし、活性化を計っている。

クレージーからの共演者は谷啓のみ。

なお、浜美枝クレージー映画への出演は当作品が最後。また内藤洋子は、当作品を最後に芸能界を引退した。

ストーリー[編集]

田舎の高校教師、日本兵介は、教え子の白坂八郎の就職先・世界陶器での愚行をわびるため上京。行方の知れない八郎を探す一方、彼を連れ戻すまで代わりに同社に勤めることになるが、ふとしたきっかけからトントン拍子に出世して行く。だがその裏では、ひそかに会社乗っ取りの陰謀が・・・

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

挿入歌[編集]

「ワルノリソング」
作詞:田波靖男
作曲:萩原哲晶
歌:植木等・加藤茶
「男の部屋」
作詞:安井かずみ
作曲:鈴木淳
歌:辺見マリ
「誰かさんと誰かさん」
作詞:なかにし礼
編曲:川口真
歌:加藤茶

ビデオソフト化[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「1981年東宝ビデオ総合カタログ」1981年、東宝株式会社、p14

関連項目[編集]