日本三大怨霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

日本三大怨霊(にほんさんだいおんりょう)とは、日本に数多伝わる怨霊の中でも特定の三人を指す呼称である。

概略[編集]

日本三大怨霊とは一般に菅原道真平将門崇徳天皇(崇徳院)を指す言葉である。

山田雄司は、菅原道真・平将門・崇徳天皇が三大怨霊とみなされるようになった背景には、江戸時代における読本や歌舞伎などが大きく影響を与えているとしている[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 山田雄司『怨霊とは何か 菅原道真・平将門・崇徳院』中央公論新社〈中公新書〉、2014年8月。ISBN 978-4-12-102281-3。

関連項目[編集]