日本出身のメジャーリーグベースボール選手一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Flag of Japan.svg

日本出身のメジャーリーグベースボール選手一覧。公式戦へ出場したことのある選手のみを記載。太字は現役選手(現在はオプションで傘下球団に所属している選手を含む)、その他は引退選手およびメジャーリーグ以外のリーグでプレーしている選手。


現役のメジャーリーガー[編集]

※現在はオプションで傘下球団に所属している選手を含む。

名前 所属球団 日本での所属球団 備考
大谷翔平 ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム(2018年 - ) 北海道日本ハムファイターズ(- 2017年)
田中将大 ニューヨーク・ヤンキース(2014年 - ) 東北楽天ゴールデンイーグルス(- 2013年)
ダルビッシュ有 テキサス・レンジャーズ(2012 - 2014年、2016 - 2017年)
ロサンゼルス・ドジャース(2017年)
シカゴ・カブス(2018年 - )
北海道日本ハムファイターズ(- 2011年)
平野佳寿 アリゾナ・ダイヤモンドバックス(2018年 - ) オリックス・バファローズ(- 2017年)
前田健太 ロサンゼルス・ドジャース(2016年 - ) 広島東洋カープ(- 2015年)
牧田和久 サンディエゴ・パドレス(2018年 - ) 埼玉西武ライオンズ(- 2017年)

過去のメジャーリーガー[編集]

あ行[編集]

名前 所属球団 備考
青木宣親 ミルウォーキー・ブルワーズ(2012 - 2013年)
カンザスシティ・ロイヤルズ(2014年)
サンフランシスコ・ジャイアンツ(2015年)
シアトル・マリナーズ(2016年)
ヒューストン・アストロズ(2017年)
トロント・ブルージェイズ(2017年)
ニューヨーク・メッツ(2017年)
NPBに復帰、現役続行中。
五十嵐亮太 ニューヨーク・メッツ(2010 - 2011年)
トロント・ブルージェイズ(2012年)
ニューヨーク・ヤンキース(2012年)
NPBに復帰、現役続行中。
井川慶 ニューヨーク・ヤンキース(2007 - 2008年) NPBへの復帰を経て日本の独立リーグに移籍後、引退表明をしていないが所属球団なし。
井口資仁 シカゴ・ホワイトソックス(2005 - 2007年)
フィラデルフィア・フィリーズ(2007年)
サンディエゴ・パドレス(2008年)
フィラデルフィア・フィリーズ(2008年)
NPBに復帰後、引退。
石井一久 ロサンゼルス・ドジャース(2002 - 2005年)
ニューヨーク・メッツ(2005年)
NPBに復帰後、引退。
イチロー シアトル・マリナーズ(2001 - 2012年)
ニューヨーク・ヤンキース(2012 - 2014年)
マイアミ・マーリンズ(2015 - 2017年)
シアトル・マリナーズ(2018年)
5月3日、会長付特別補佐の契約を結び、2018年シーズンの残り試合は出場しない[1]
伊良部秀輝 ニューヨーク・ヤンキース(1997 - 1999年)
モントリオール・エクスポズ(2000 - 2001年)
テキサス・レンジャーズ(2002年)
NPBに復帰後、引退。その後現役に復帰して、北米の独立リーグ・日本の独立リーグに所属し再び引退。
岩隈久志 シアトル・マリナーズ(2012 - 2017年) 2018年シーズンはマイナー契約[2]
岩村明憲 タンパベイ・デビルレイズ/タンパベイ・レイズ(2007 - 2009年)
ピッツバーグ・パイレーツ(2010年)
オークランド・アスレチックス(2010年)
NPBに復帰後、日本の独立リーグに選手兼監督として移籍し引退。
上原浩治 ボルチモア・オリオールズ(2009 - 2011年)
テキサス・レンジャーズ(2011 - 2012年)
ボストン・レッドソックス(2013 - 2016年)
シカゴ・カブス(2017年)
NPBに復帰、現役続行中。
大家友和 ボストン・レッドソックス(1999 - 2001年)
モントリオール・エクスポズ/ワシントン・ナショナルズ(2001 - 2005年)
ミルウォーキー・ブルワーズ(2005 - 2006年)
トロント・ブルージェイズ(2007年)
クリーブランド・インディアンス(2009年)
メキシカンリーグを経てNPBに復帰後、日本の独立リーグ・アメリカの独立リーグに移籍し引退。
大塚晶則 サンディエゴ・パドレス(2004 - 2005年)
テキサス・レンジャーズ(2006 - 2007年)
日本の独立リーグに移籍後、引退。
岡島秀樹 ボストン・レッドソックス(2007 - 2011年)
オークランド・アスレチックス(2013年)
NPBに復帰後、引退。

か行[編集]

名前 所属球団 備考
柏田貴史 ニューヨーク・メッツ(1997年) NPBに復帰後、引退。
川上憲伸 アトランタ・ブレーブス(2009 - 2010年) NPBに復帰後、引退。
川﨑宗則 シアトル・マリナーズ(2012年)
トロント・ブルージェイズ(2013 - 2015年)
シカゴ・カブス(2016年)
NPBに復帰後、引退表明をしていないが所属球団なし。
木田優夫 デトロイト・タイガース(1998 - 2000年)
ロサンゼルス・ドジャース(2003 - 2004年)
シアトル・マリナーズ(2004 - 2005年)
NPBに復帰後、引退。
黒田博樹 ロサンゼルス・ドジャース(2008 - 2011年)
ニューヨーク・ヤンキース(2012 - 2014年)
NPBに復帰後、引退。
桑田真澄 ピッツバーグ・パイレーツ(2007年) 引退。
小林雅英 クリーブランド・インディアンス(2008 - 2009年) NPBに復帰後、引退。
小宮山悟 ニューヨーク・メッツ(2002年) NPBに復帰後、引退。

さ行[編集]

名前 所属球団 備考
斎藤隆 ロサンゼルス・ドジャース(2006 - 2008年)
ボストン・レッドソックス(2009年)
アトランタ・ブレーブス(2010年)
ミルウォーキー・ブルワーズ(2011年)
アリゾナ・ダイヤモンドバックス(2012年)
NPBに復帰後、引退。
佐々木主浩 シアトル・マリナーズ(2000 - 2003年) NPBに復帰後、引退。
城島健司 シアトル・マリナーズ(2006 - 2009年) NPBに復帰後、引退。
新庄剛志 ニューヨーク・メッツ(2001年)
サンフランシスコ・ジャイアンツ(2002年)
ニューヨーク・メッツ(2003年)
NPBに復帰後、引退。

た行[編集]

名前 所属球団 備考
高津臣吾 シカゴ・ホワイトソックス(2004 - 2005年)
ニューヨーク・メッツ(2005年)
NPBに復帰後、KBOCPBL・日本の独立リーグに移籍し引退。
高橋建 ニューヨーク・メッツ(2009年) NPBに復帰後、引退。
高橋尚成 ニューヨーク・メッツ(2010年)
ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム(2011 - 2012年)
ピッツバーグ・パイレーツ(2012年)
シカゴ・カブス(2013年)
NPBに復帰後、引退。
田口壮 セントルイス・カージナルス(2002 - 2007年)
フィラデルフィア・フィリーズ(2008年)
シカゴ・カブス(2009年)
NPBに復帰後、引退。
田澤純一 ボストン・レッドソックス(2009 - 2016年)
マイアミ・マーリンズ(2017年 - 2018年)
2018年6月4日(日本時間5日未明)、タイガースとマイナー契約で合意[3]
多田野数人 クリーブランド・インディアンス(2004 - 2005年) NPBに移籍後、日本の独立リーグに選手兼コーチとして移籍し引退。
建山義紀 テキサス・レンジャーズ(2011 - 2012年) NPBに復帰後、引退。
田中賢介 サンフランシスコ・ジャイアンツ(2013年) NPBに復帰、現役続行中。
スティーブ・チットレン英語版 オークランド・アスレチックス(1990 - 1991年) 引退。

な行[編集]

名前 所属球団 備考
中村紀洋 ロサンゼルス・ドジャース(2005年) NPBに復帰後、引退表明をしていないが所属球団なし。
西岡剛 ミネソタ・ツインズ(2011 - 2012年) NPBに復帰、現役続行中。
野村貴仁 ミルウォーキー・ブルワーズ(2002年) NPBに復帰後、CPBLに移籍し引退。
野茂英雄 ロサンゼルス・ドジャース(1995 - 1998年)
ニューヨーク・メッツ(1998年)
ミルウォーキー・ブルワーズ(1999年)
デトロイト・タイガース(2000年)
ボストン・レッドソックス(2001年)
ロサンゼルス・ドジャース(2002 - 2004年)
タンパベイ・デビルレイズ(2005年)
カンザスシティ・ロイヤルズ(2008年)
引退。

は行[編集]

名前 所属球団 備考
クレイグ・ハウス英語版 コロラド・ロッキーズ(2000年) 引退。
長谷川滋利 アナハイム・エンゼルス(1997 - 2001年)
シアトル・マリナーズ(2002 - 2005年)
引退。
ボビー・フェンウィック ヒューストン・アストロズ(1972年)
セントルイス・カージナルス(1973年)
引退。
福留孝介 シカゴ・カブス(2008 - 2011年)
クリーブランド・インディアンス(2011年)
シカゴ・ホワイトソックス(2012年)
NPBに復帰、現役続行中。
福盛和男 テキサス・レンジャーズ(2008年) NPBに復帰後、引退。
藤川球児 シカゴ・カブス(2013 - 2014年)
テキサス・レンジャーズ(2015年)
日本の独立リーグを経てNPBに復帰、現役続行中。
ジム・ボウイ英語版 オークランド・アスレチックス(1994年) 引退。

ま行[編集]

名前 所属球団 備考
マイケル中村 ミネソタ・ツインズ(1998 - 2003年)
トロント・ブルージェイズ(2004年)
NPBに移籍後、引退。日本とオーストラリアの二重国籍。
ジェフ・マカリー英語版 ピッツバーグ・パイレーツ(1995年)
デトロイト・タイガース(1996年)
コロラド・ロッキーズ(1997年)
ピッツバーグ・パイレーツ(1998年)
引退。
キース・マクドナルド英語版 セントルイス・カージナルス(2000 - 2001年) 引退。
松井稼頭央 ニューヨーク・メッツ(2004 - 2006年)
コロラド・ロッキーズ(2006 - 2007年)
ヒューストン・アストロズ(2008 - 2010年)
NPBに復帰、現役続行中。
松井秀喜 ニューヨーク・ヤンキース(2003 - 2009年)
ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム(2010年)
オークランド・アスレチックス(2011年)
タンパベイ・レイズ(2012年)
引退。ヤンキースGM(特別アドバイザーに就任)
松坂大輔 ボストン・レッドソックス(2007 - 2012年)
ニューヨーク・メッツ(2013 - 2014年)
NPBに復帰、現役続行中。
マック鈴木 シアトル・マリナーズ(1994 - 1999年)
ニューヨーク・メッツ(1999年)
カンザスシティ・ロイヤルズ(1999 - 2001年)
ミルウォーキー・ブルワーズ(2001年)
コロラド・ロッキーズ(2001年)
カンザスシティ・ロイヤルズ(2002年)
NPBに移籍後、メキシカンリーグ・北米の独立リーグを中心に多数のリーグへの移籍を経て、日本の独立リーグに選手兼監督として移籍し引退。
村上雅則 サンフランシスコ・ジャイアンツ(1964 - 1965年) NPBに復帰後、引退。日本人初のメジャーリーガー。
村田透 クリーブランド・インディアンス(2015年) NPBに復帰、現役続行中。MLB移籍以前のNPB在籍時には一軍公式戦出場なし。

や・ら・わ行[編集]

名前 所属球団 備考
藪恵壹 オークランド・アスレチックス(2005年)
サンフランシスコ・ジャイアンツ(2008年)
NPBに復帰後、引退。
薮田安彦 カンザスシティ・ロイヤルズ(2008 - 2009年) NPBに復帰後、引退。
吉井理人 ニューヨーク・メッツ(1998 - 1999年)
コロラド・ロッキーズ(2000年)
モントリオール・エクスポズ(2001 - 2002年)
NPBに復帰後、引退。
スティーブン・ランドルフ アリゾナ・ダイヤモンドバックス(2003 - 2004年)
ヒューストン・アストロズ(2007年)
NPBに移籍後、引退。
デーブ・ロバーツ クリーブランド・インディアンス(1999 - 2001年)
ロサンゼルス・ドジャース(2002 - 2004年)
ボストン・レッドソックス(2004年)
サンディエゴ・パドレス(2005 - 2006年)
サンフランシスコ・ジャイアンツ(2007 - 2008年)
引退。
和田毅 シカゴ・カブス(2014 - 2015年) NPBに復帰、現役続行中。

脚注[編集]

  1. ^ “Mariners outfielder Ichiro Suzuki transitioning to new role; beginning today will work as special assistant” (英語) (HTML) (プレスリリース), Seattle Mariners, (2018年5月3日), https://www.mlb.com/news/mariners-outfielder-ichiro-suzuki-transitioning-to-new-role/c-275072724 2018年5月11日閲覧。 
  2. ^ “岩隈、マリナーズとマイナー契約 キャンプ招待選手”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2017年11月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201711280000078.html 2017年11月28日閲覧。 
  3. ^ 田沢純一、タイガースとマイナー契約で合意”. 日刊スポーツ (2018年6月5日). 2018年6月5日閲覧。

関連項目[編集]