日本共産党第12回大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日本共産党第12回大会(にほんきょうさんとうだい12かいたいかい)は1973年(昭和48年)11月14日から21日まで開かれた日本共産党党大会。東京都目黒区の目黒公会堂(14日から16日)と東京都品川区の品川文化会館(17日から20日)、東京都立川市の東京都立川社会教育会館(21日)で開催された。

概要[編集]

  • この党大会では前年の総選挙での野党第2党への前進をうけて、民主連合政府のための政策綱領の提案がおこなわれた。また、綱領と規約を改正した。
  • この大会の直前に沖縄人民党は日本共産党沖縄県委員会への改組をおこない、委員長であった瀬長亀次郎が大会の代議員として出席、副委員長に選出された。

綱領・規約の改正[編集]

  • それまで使用されていた『プロレタリアートの独裁』の用語を、『執権』にあらためた(綱領)。
  • 中央監査委員会を党大会選出からあらため、中央委員会任命の監査委員による監査委員会を設置することとした(規約)。

来賓・外国代表[編集]

選出された中央委員会[編集]

参考文献[編集]

  • 『前衛』1974年1月臨時増刊号