日本共産党議長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本共産党中央委員会議長(にほんきょうさんとうちゅうおういいんかいぎちょう)は、日本共産党の中央委員会総会で選出される中央委員会の議長である。不破哲三第24回党大会で退任し、現在は空席である。いわゆる「党三役」にあたる要職の一つであり、党内では事実上の最高職として扱われた。

概説

日本共産党の「規約」は個人の職務としての「党首」を置いておらず、中央委員会が組織として対外的に党を代表している。形式上は議長が共産党の最上位の地位となるが、常設の役職ではない上に、党首の役割は党内の指導力に応じて幹部会委員長が担うこともあり、その役割は曖昧である。現在までに3人の議長が存在した。宮本顕治不破哲三幹部会委員長を退任した後に議長に就任している。

日本共産党議長一覧

議長 在任期間
1 Sanzo Nosaka 1946.jpg 野坂参三 1958年 - 1982年
2 Replace this image JA.svg 宮本顕治 1982年 - 1997年
3 Replace this image JA.svg 不破哲三 2000年 - 2006年

関連項目

今日は何の日(7月24日

もっと見る

「日本共産党議長」のQ&A