日本冷凍空調学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

公益社団法人日本冷凍空調学会(にほんれいとうくうちょうがっかい、英称: Japan Society of Refrigerating and Air Conditioning Engineers、略称 :JSRAE)とは、冷凍・冷蔵技術とそれに 関連する学術技術の発展と普及を目的として1925年(大正14年)に設立された学会である。

概要[編集]

1925年大正14年)に民法上の社団法人として設立された。初代会長は和合英太郎。総会員数は個人会員3899名、法人会員231社(2017年3月31日時点)。

毎年10月に年次大会を開催。2008年の民法改正により自動的に特例社団法人(団体名称は従前通り「社団法人」を使用)となったのち、2011年に公益法人認定法による内閣総理大臣認定を経て、同法上の公益社団法人へ移行している。

事業展開[編集]

  • 技術普及及び技術者育成などの教育事業
  • 国際冷凍学会などとの連携・協力による国際交流事業
  • 調査・資料収集及び技術開発・研究開発などの調査研究事業
  • 資格認定及び表彰による学術評価事業
  • その他目的を達成するために必要な事業

など幅広い事業を展開しており、冷凍・空調機械技術と、食品、エネルギー、環境問題などの周辺技術に関する振興を目指して活動している。

沿革[編集]

  • 1925年(大正14年) - 日本冷凍協会設立
  • 1930年(昭和5年) - 社団法人認可(農林省水産庁 現:農林水産省
  • 1937年(昭和12年) - 国際冷凍協会(IIR)日本研究委員会発足(日本側窓口となる)
  • 1956年(昭和31年) - 冷凍技術士制度発足(昭和32年に冷凍技士、 昭和37年に冷凍空調技士と改め)
  • 1966年(昭和41年) - 食品冷凍技士制度発足
  • 1978年(昭和53年) - ASHRAEのInternational Associate(国際友好団体)に加入
  • 1984年(昭和59年) - "日本冷凍協会論文集"創刊
  • 1990年(平成2年) - 通信教育「初級冷凍空調講座」開講
  • 1997年(平成9年) - 日本冷凍空調学会と名称変更
  • 2011年(平成23年) - 公益社団法人日本冷凍空調学会に変更
  • 2012年(平成24年) - 中国制冷学会(CAR)と協定を結ぶ
  • 2015年(平成27年) - 第24回国際冷凍会議(ICR2015)日本開催

[1]

順位別事業所別会員数[編集]

  • 三菱電機ビルテクノサービス株式会社      212名
  • 三菱電機株式会社               128名
  • ダイキン工業株式会社             109名
  • パナソニック株式会社              92名
  • 東芝キャリア株式会社              73名
  • 株式会社九電工                 69名
  • 三菱重工冷熱株式会社              66名
  • 日立ジョンソンコントロールズ空調株式会社    58名
  • 株式会社前川製作所               54名
  • 日立アプライアンス株式会社           41名
  • 株式会社日立製作所               38名
  • 三菱重工業株式会社               33名
  • 株式会社ダイキンアプライドシステムズ      29名
  • 新日本空調株式会社               26名
  • 株式会社デンソー                25名

(以上、2018年3月31日現在)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]