日本動物学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
公益社団法人日本動物学会
The Zoological Society of Japan
前身 東京生物学会、東京動物学会
設立年 1878年
法人番号 9010005004359
メンバー 2,300人
会長 岡良隆
ウェブサイト http://www.zoology.or.jp/

公益社団法人日本動物学会(にほんどうぶつがっかい、: The Zoological Society of Japan)は、動物科学研究の発展と普及を目的とする日本学会

概要[編集]

日本動物学会の創立は基礎科学系の諸学会の中でもきわめて早く、東京大学の初代動物学教授であったエドワード・S・モースが、同植物学教授矢田部良吉とともに1878年(明治11年)に創立した東京生物学会にさかのぼることができる。その後、1885年(明治18年)には東京動物学会へと名称を変更し、さらに、1923年(大正12年)に日本動物学会と再度改称し、1993年(平成5年)の社団法人化をへて今日に至る。
戦後、会員数は1,000名を越え、さらに新制大学の発足は若い世代を動物学に志向させ、研究者の質的・量的拡大へと連なり、1954年(昭和29年)の学会創立75周年記念祝典を機に会員数は急速に増加に転じた。現在は会員数2,300人を超える規模となっている。
学術集会を年1回開催、全国7支部(北海道支部、東北支部、関東支部、中部支部、近畿支部、中国四国支部、九州支部)における支部会、また一般向け講演会開催を活発に行っている。

出版物[編集]

学会誌として英文学術誌「Zoological Science」を発行している。


参考文献[編集]

団勝磨 (1969), “会長挨拶”, 動物学雑誌 78 (10): 370., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003327850/ 

団勝磨 (1971), “会長挨拶”, 動物学雑誌 80 (11): 386., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003328874/ 

団勝磨 (1979), “日本動物学会創立100周年記念事業について”, 動物学雑誌 88 (4): 333., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003365503/ 

団勝磨 (1979), “100周年記念事業委員長挨拶”, 動物学雑誌 88 (4): 335., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003365505/ 

原寛 (1979), “日本植物学会長メッセージ”, 動物学雑誌 88 (4): 338., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003365508/ 

編集部 (1888), “動物學雜誌ノ發兌”, 動物学雑誌 1 (1): 1-3., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003324414/ 

編集部 (1889), “會員諸君に告く”, 動物学雑誌 1 (12): 433., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003324482/ 

編集部 (1889), “千島通信”, 動物学雑誌 1 (13): 480-481., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003356562/ 

編集部 (1890), “愛知教育博物舘”, 動物学雑誌 2 (15): 35-36., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003357511/ 

編集部 (1891), “ブラキストン線”, 動物学雑誌 3 (28): 86-88., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003358345/ 

編集部 (1891), “地方諸君ニ望ム”, 動物学雑誌 3 (32): 264., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003358424/ 

編集部 (1892), “狩猟規則”, 動物学雑誌 4 (48): 416-422., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003359252/ 

編集部 (1896), “シーボルト氏一百年誕生節紀念會”, 動物学雑誌 8 (89): 99-100., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003334226/ 

編集部 (1897), “博物學教室へ行幸”, 動物学雑誌 9 (99): 17-18., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003366178/ 

編集部 (1899), “津輕海峽”, 動物学雑誌 11 (125): 114-116., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003356793/ 

編集部 (1923), “日本哺乳動物学会”, 動物学雑誌 35 (415): 235-236., http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10831749?tocOpened=1 

常陸宮正仁 (1979), “お言葉”, 動物学雑誌 88 (4): 337., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003365507/ 

内田亨 (1979), “日本動物学会の歴史をかえりみて”, 動物学雑誌 88 (4): 341-344., http://ci.nii.ac.jp/naid/110003365514/ 

関連項目[編集]