日本合成化学工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本合成化学工業株式会社
The Nippon Synthetic Chemical Industry Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4201
2016年11月9日上場廃止
大証1部(廃止) 4201
2013年7月12日上場廃止
略称 日本合成化学、日合成
本社所在地 日本の旗 日本
530-0018
大阪府大阪市北区小松原町2番4号
設立 1927年昭和2年)3月30日
業種 化学
法人番号 9120001059676
事業内容 有機合成、合成樹脂の製造
代表者 木村 勝美(代表取締役社長)
資本金 179億89百万円
売上高 連結1046億30百万円
営業利益 連結135億84百万円
純利益 連結89億71百万円
純資産 連結882億61百万円
総資産 連結1447億66百万円
従業員数 連結1,737名、単体1,075名
決算期 3月末
主要株主 三菱ケミカル
外部リンク http://www.nichigo.co.jp/
特記事項:財務データは2016年3月期。
2019年4月1日に三菱ケミカルに吸収合併され解散。
テンプレートを表示

日本合成化学工業株式会社(にっぽんごうせいかがくこうぎょう、英文名称The Nippon Synthetic Chemical Industry Co.,Ltd.)は、かつて大阪府に本社を置いていた化学メーカー。三菱ケミカルの完全子会社で、酢酸機能性樹脂の製造を行っていた。

主な製品[編集]

沿革[編集]

  • 1926年 - 木酢を製造していた4社により、アセチレンを原料として酢酸の工業生産を行う技術を共同開発。
  • 1927年 - 木酢メーカー4社の協同出資により株式会社日本合成化学研究所を設立、岐阜県大垣市に大垣工場を建設。
  • 1928年 - 日本合成化学工業株式会社に社名変更。日本初の有機合成酢酸の工業化を実施。
  • 1936年 - 日本初の、アセチレン法による酢酸ビニルモノマーおよび酢酸ビニル樹脂の製造に成功。
  • 1939年 - 熊本工場建設開始。
  • 1963年 - 三菱化成工業(現・三菱化学)と合弁で、水島合成化学工業株式会社設立。翌年より、水島コンビナートに開設した工場で、アセトアルデヒドを原料として酢酸及び酢酸エチルの生産を開始。
  • 1971年 - 水島合成化学工業を吸収合併。中央研究所を兵庫県尼崎市から大阪府茨木市に移転。
  • 1999年 - 機能食品事業を日本サプリメント(現・セルフメディケーションジャパン)として分社化。 
  • 2009年 - 三菱化学の連結子会社となる。
  • 2016年9月 - 三菱化学および三菱化学ヨーロッパが株式公開買付けを実施。合算で94.35%の株式を取得。
  • 2016年11月 - 東京証券取引所第一部上場廃止。株式売渡請求により、三菱化学および三菱化学ヨーロッパ以外の株主から、三菱化学が株式を取得。同社の完全子会社となる。
  • 2019年4月 - 三菱ケミカルに吸収合併され、日本合成化学工業は解散[1]

製造・開発拠点[編集]

  • 大垣工場、機能フィルムセンター
    〒503-0917 岐阜県大垣市神田町2-35(工場は左記の他、大垣市上屋と本今町にもあり)
  • 水島工場、加工技術開発センター
    〒712-8052 岡山県倉敷市松江4-8-1
  • 熊本工場
    〒869-0408 熊本県宇土市築籠町221
  • 中央研究所
    〒567-0052 大阪府茨木市室山2-13-1

脚注[編集]

[ヘルプ]