日本キリスト教文化協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

公益財団法人日本キリスト教文化協会(にほんキリストきょうぶんかきょうかい)は、教文館の株主団体である公益財団法人である。キリスト教思想の普及をはかり、キリスト教文化の向上に貢献することを目的に活動を行っている。[1]

歴史[編集]

1926年(昭和2年)、教文館と日本基督教興文協会が合体し、新たに「教文館」(英語名をChristian Literature Society of Japan)を創設した。1933年(昭和8年)に株式会社教文館としての法人格を取得する際に、教文館の株主団体の設立が要請された。そこで、日本キリスト教文化協会を設立することになった。創立当初、理事が24名で、半数は日本基督教連盟から選ばれ、残り半数はキリスト教ミッション連盟から選ばれた。

1949年(昭和24年)に政府の認可を受け、財団法人日本キリスト教文化協会になった。

活動[編集]

  • キリスト教中央図書館の運営
  • キリスト教功労者の表彰(1964年 - )
  • キリスト教の講演会の開催

脚注[編集]

  1. ^ 高戸要『キリスト教歴史大事典』1047-1048頁

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年