日本外来精神医療学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
にほんがいらいせいしんいりょうがっかい
日本外来精神医療学会
専門分野 医学
設立 2001年
事務局 日本の旗 日本
〒113-0033
東京都文京区本郷2-17-13
広和レジデンス2F有限会社エム・シー・ミューズ内
日本外来精神医療学会事務局
刊行物 外来精神医療
ウェブサイト http://www.jaaps.jp/index.html
テンプレートを表示

日本外来精神医療学会(にほんがいらいせいしんいりょうがっかい)は、精神医療および外来診療の進歩・発展を図ることを目的として2001年に設立された学会である。外来医療において新しい外来機能の研究・開発を推進し、外来精神医療・精神保健・福祉・相談に携わる人々が職域・職種を越えて集い、外来の独自性をもった臨床学を確立することを目的としている[1]

主な事業活動は年次大会の開催、セミナー、ワークショップ等の研修会の開催、学会誌の発刊、ニュースレターの発刊などである。

機関誌[編集]

  • 外来精神医療

会員数[編集]

  • 不明

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本外来精神医療学会 - 趣意書 2013年1月21日閲覧。

関連項目[編集]