日本外来臨床精神医学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
にほんがいらいりんしょうせいしんいがくかい
日本外来臨床精神医学会
英語名称 The Japanese Society of Clinical Outpatient Psychitry (JCOP)
専門分野 医学
設立 2003年
前身 外来臨床精神医学懇話会
会長 鈴木二郎
事務局 日本の旗 日本
埼玉県富士見市西みずほ台1-21-4-3F
会員数 260人(2013年1月現在)
刊行物 外来臨床精神医学
ウェブサイト http://jcop.xsrv.jp/index.html
テンプレートを表示

日本外来臨床精神医学会(にほんがいらいりんしょうせいしんいがくかい、: The Japanese Society of Clinical Outpatient Psychitry (JCOP))は、外来臨床精神医学医療保健福祉に関する研究発表、知識の交換、関連学会との連携協力を行うことにより、外来臨床精神医学の進歩普及を図り、学術の発展及び精神障害者の福利の増進に寄与することを目的とした学会である。2001年に「外来臨床精神医学懇話会」が設立され、2003年に「日本外来臨床精神医学会」へと発展した[1]

[2]

概要[編集]

主な事業活動は研究発表会、講演会等の催し、学会誌その他の刊行物の発行、研究の奨励及び研究業績の表彰、関連学術団体との連携及び協力、国際的な研究協力の推進などである。

学会誌[編集]

  • 外来臨床精神医学

会員数[編集]

  • 260名(2013年1月現在)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]