日本大学大学院総合社会情報研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本大学大学院総合社会情報研究科(にほんだいがくだいがくいんそうごうしゃかいじょうほうけんきゅうか)は、社会科学人文科学人間科学系を研究する通信制大学院である。

概要[編集]

近年、最先端のマルチメディアによる教育は、大学院の研究において効果的なものとなり、その状況を受け1997年12月文科省大学審議会による答申と、これを受けた1998年3月大学設置基準の改正により、日本大学は、1999年4月に日本大学大学院総合社会情報研究科を開学した。社会人に高度な研究と教育の場を提供するために、2003年4月から博士後期課程を開設している[1]

研究科[編集]

通信制・博士前期課程[編集]

  • 総合社会情報研究科
    • 国際情報専攻
    • 文化情報専攻
    • 人間科学専攻

通信制・博士後期課程[編集]

  • 総合社会情報専攻
    • 国際情報分野
    • 文化情報分野
    • 人間科学分野

交通アクセス[編集]

所在地[編集]

交通[編集]

主な修了生[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “設立の趣旨”. 日本大学大学院総合社会情報研究科. http://atlantic2.gssc.nihon-u.ac.jp/info/purpose/ 2015年11月19日閲覧。 

座標: 北緯35度48分54秒 東経139度30分0.3秒 / 北緯35.81500度 東経139.500083度 / 35.81500; 139.500083