日本大学生産工学部・大学院生産工学研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本大学 > 日本大学生産工学部・大学院生産工学研究科

日本大学生産工学部(にほんだいがくせいさんこうがくぶ、College of Industrial Technology, Nihon University 略称:CIT)は、生産工学教育研究する大学の学部であり、生産工学研究科(せいさんこうがくけんきゅうか)は、生産工学の理論および応用を教育・研究する大学院の研究科である。いずれも工学系である。

津田沼キャンパス
実籾キャンパス

概要[編集]

千葉県習志野市実籾、泉町津田沼の二つにキャンパスが分かれているのが特徴的である。土木工学科、応用分子化学科、数理情報工学科、電気電子工学科には、日本技術者教育認定機構(JABEE)対応のコースが設置されている[1]。津田沼校舎の近隣地には、東邦大学理学部薬学部があり、両大学間で単位互換が可能である[2]。また、1999年(平成11年)から、アメリカケント州立大学と学術交流協定を結んでいる[3]

沿革[編集]

略歴[編集]

1965年に日本大学工学部(現・理工学部)工業経営学科を発展させる形で、日本大学第一工学部として設置された。工学部工業経営学科→理工学部工業経営学科→理工学部経営工学科→第一工学部→生産工学部と改称してきた。

年表[編集]

  • 1928年(昭和3年) - 工学部(現日本大学理工学部)設置。
  • 1952年(昭和27年) - 東京都神田駿河台に工学部工業経営学科新設。
  • 1957年(昭和32年) - 千葉県習志野市に工学部工業経営学科を移転。
  • 1957年(昭和33年) - 工学部を理工学部と名称変更し、工業経営学科2年次生を工経・土木・建築・機械・電気・工化の6コースの専攻別に組み分ける。
  • 1961年(昭和36年) - 理工学部工業経営学科を経営工学科と改称。
  • 1965年(昭和40年) - 第一工学部(機械・土木・建築・工業化学・管理の5学科)を設置し、津田沼校舎にて開講。理工学部経営工学科募集停止。
  • 1966年(昭和41年) - 第一工学部を生産工学部と改称。同時に、電気・統計の2学科を増設し、機械・電気・土木・建築・工業化学・管理・統計の7学科となり、独立学部となる。
  • 1970年(昭和45年) - 修士課程設置。
  • 1972年(昭和47年) - 博士課程設置。
  • 1974年(昭和49年) - 統計学科を数理工学科と名称変更。
  • 1975年(昭和50年) - 修士課程・博士課程を博士前期課程・博士後期課程と改組。
  • 1980年(昭和55年) - 博士前期課程・博士後期課程に数理工学専攻を増設。
  • 1982年(昭和57年) - 実籾校舎竣工。
  • 1992年(平成4年) - 創設40周年を迎える。
  • 1993年(平成5年) - 一般教育を教養・基礎科学系と名称変更。
  • 1997年(平成9年) - 創設45周年を迎える。
  • 2001年(平成13年) - 電気工学科を電気電子工学科、工業化学科を応用分子化学科、数理工学科を数理情報工学科に名称変更。
  • 2002年(平成14年) - 創設50周年を迎える。
  • 2005年(平成17年) - 博士前期課程・博士後期課程の電気工学専攻を電気電子工学専攻、工業化学専攻を応用分子化学専攻、数理工学専攻を数理情報工学専攻と名称変更。
  • 2006年(平成18年) - 管理工学科をマネジメント工学科と名称変更。
  • 2009年(平成21年) - 環境安全工学科と創生デザイン学科を新設。

教育および研究[編集]

学科一覧[編集]

  • 土木工学科
    • 環境コース
    • 都市コース
    • マネジメントコース(JABEE対応)
  • 建築工学科
    • 建築工学コース
    • 建築・環境デザインコース
    • 居住空間デザインコース(女性のみ)
  • 機械工学科
    • 制御システムコース
    • 航空・自動車システムコース
    • 創造デザインコース
  • 電気電子工学科
    • エネルギーシステムコース
    • e-コミュニケーションコース
    • クリエイティブエンジニアリングコース(JABEE対応)
  • 応用分子化学科
    • 生命化学コース
    • 物質デザインコース
    • 国際化学技術者コース(JABEE対応)
  • マネジメント工学科
    • 企業マネジメントコース
    • 人間・情報システムコース
    • 知財経営コース
  • 数理情報工学科
    • 数理情報工学コース
    • 情報工学コース(JABEE対応)
  • 環境安全工学科
    • 環境安全コース
    • 環境エネルギーコース
  • 創生デザイン学科
    • プロダクトデザインコース
    • スペースデザインコース

上記のほかに、教養、基礎科学系に分類される教員がいる。

大学院[編集]

研究機関[編集]

自動車工学リサーチ・センター[編集]

自動車工学に関する産学連携を推進するために2010年に発足したのが自動車工学リサーチセンターである。国内最大級の産学連携(CAE)フォーラムを開催している[注 4]

鉄道工学リサーチ・センター[編集]

鉄道の研究を行う拠点として設置されている。

研究[編集]

現在、文科省が行っている支援事業に九つものプロジェクトが採択されている[4]

  • 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
    • 地域連携研究プロジェクト
      • 地域生活に安全・安心を与えるための建造物の高耐震化・再生化技術とヘルスモニタリング技術の応用に関する研究
  • 私立大学学術研究高度化推進事業
    • 地球を守る水利用・水対策の先端技術に関する研究
    • 生命工学を応用した資源循環型社会の構築に関する研究
    • グリーン・サステイナブルな先端有機材料の高機能化と高選択的分離分析システムへの展開
    • 環境保全のための高比強度構造部材用生産技術の確立とその実用化のためのヘルスモニタリングおよびシミュレーション技術の応用
    • 地球環境調和型新技術開発を目的とする水の高度利用に関する研究
    • ヘルスモニタリング技術による先端材料と構造の社会的環境保全とライフサイクルアセスメント(LCA)の確立
    • 環境保全に役立つ技術とサステイナブルな有機先端材料の開発
    • 自然環境における複雑現象の解明とその先端科学技術への応用

施設[編集]

  • 生産工学研究所
  • 研究センター入出力室(24号館)
  • 環境安全工学科
    • 低圧環境試験設備(40号館)
  • 建築工学科
    • 風洞実験棟構造・振動実験室(22号館)
  • 土木工学科
    • 構造・振動実験室(13号館)

所在地[編集]

校舎は習志野市の実籾校舎と、同市泉町の津田沼校舎の二箇所があり、1年生は実籾校舎、2年生からは津田沼校舎で授業を行っている[注 5]

  • 津田沼キャンパス
  • 実籾キャンパス
    • 千葉県習志野市新栄 2-11-1

交通案内

  • JR津田沼駅 北口
    • 京成バス4番のり場
    • 京成バス5番のり場
  • JR津田沼駅 北口

過去に展示された作品[編集]

  • 2011年6月 - 東京ビッグサイトで開催された「次世代自動車産業展2011」で、機械工学科邉研究室の学生が製作したBashという車名のEVが展示された[5]
  • 2014年12月 - JR東京駅内にある美術館、東京ステーションギャラリーで東京駅開業100周年を記念して、「東京駅100年の記憶」が2014年12月13日から3月1日にかけて開催された。ここに、建築工学科の学生が作成した東京駅から丸の内までのジオラマ作品が展示された[6]

関係者[編集]

出身者
その他

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2005年3月までは工業化学専攻
  2. ^ 2005年3月までは電気工学専攻
  3. ^ 2005年3月までは数理工学専攻
  4. ^ 2010年4月に設立され、企業からの委託研究・共同研究、賛助会費制度によって運営している。
  5. ^ 津田沼校舎は習志野市と船橋市の境界線上にあり、校地のかなりの範囲は船橋市三山となっている。

出典[編集]

  1. ^ “JABEE”. 生産工学部. http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/support/jabee 2015年11月19日閲覧。 
  2. ^ “学生支援に関する取り組み”. 生産工学部. http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/activities/student-support 2015年11月19日閲覧。 
  3. ^ “国際交流への取り組み”. 生産工学部. http://www.cit.nihon-u.ac.jp/about/support/overseas 2015年11月19日閲覧。 
  4. ^ “大型研究プロジェクト”. 生産工学部. http://www.cit.nihon-u.ac.jp/research/activities/big-project-index 2018年2月17日閲覧。 
  5. ^ “[次世代自動車産業展11]GFRPだけでEVを制作”. (2011年6月20日). http://response.jp/article/2011/06/20/158275.html 2015年11月19日閲覧。 
  6. ^ “東京駅で開業100年祝う「東京駅100年の記憶」開催”. (2014年12月19日). http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/43940/ 2015年11月19日閲覧。 

関連項目[編集]