日本大学習志野高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本大学習志野高等学校
Nihon University Narashino High School.JPG
過去の名称 日本大学工業学校
日本大学工業高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人日本大学
設立年月日 1929年4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 12528J
所在地 274-8504
千葉県船橋市習志野台7-24-24

北緯35度43分16.1秒 東経140度3分34.2秒 / 北緯35.721139度 東経140.059500度 / 35.721139; 140.059500座標: 北緯35度43分16.1秒 東経140度3分34.2秒 / 北緯35.721139度 東経140.059500度 / 35.721139; 140.059500
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

日本大学習志野高等学校(にほんだいがくならしのこうとうがっこう)は、千葉県船橋市習志野台にある日本大学付属の私立高等学校。略称「日習(にちなら)」「日大習志野」。

教育方針[編集]

・自主創造

【自ら学ぶ・自ら考える・自ら道をひらく】

日大習志野高校は、この日本大学の教育理念「自主創造」の精神に従い,人間性豊かな生徒を育成する為に次の教育目標を掲げる。

教育目標[編集]

・自主創造の精神の育成

・高い理想と真剣な学習態度の育成

・知育・徳育・体育の調和的育成

目指すべき生徒像[編集]

・自己管理の態度と心身の健康に努める生徒

・多様性を尊重し,社会規範を遵守する生徒

・主体的に課題を発見し,最適な解(こたえ)を探求する生徒


概要[編集]

日大習志野高校は日本大学付属校であり、全国の日大付属高校の中でもトップクラスの進学実績を誇る。また、校舎は日本大学理工学部船橋キャンパスの中にあり、船橋日大前駅から徒歩数分という好立地にある。

高校2年次より文系においては2コース(NP=国公立進学、GA=総合進学)、理系においては3コース(NP=国公立進学、GA=総合進学、CST=日本大学理工学部進学)が設けられ、あらゆる進路に対応したカリキュラムが編成されている。

日本大学への進学には推薦入学制度があり、高校3年間の学業成績と、高校2年生4月と、3年生4月および9月に全付属高等学校間で実施される「基礎学力到達度テスト」の成績等を考慮のうえ、入学が許可される。

また他大学へ進学する生徒も例年多い。平成26年度の大学入試結果は、京都大学2名をはじめ、千葉大学14名、筑波大学6名など計36名が国公立大学に合格を果たしたうえ、日本大学187名を含む四年制私立大学への合格状況も好調で、合格者数はのべ833名と、例年を大幅に上回る結果となった。

高大連携教育[編集]

日大習志野高校は同じキャンパスに日大理工学部があることを生かして、高校と大学の連携した教育が積極的に行われている。理工学部教員による講演や学部、研究室、実験設備の見学などはその一例で、これにより、生徒たちは学ぶ意欲を高め、知的好奇心の向上に役立っている。

また意欲のある高校3年生は日大理工学部の授業に出席することが可能で、履修後の試験に合格すれば、日大理工学部に入学後の単位として認められる。

沿革[編集]

  • 1929年 - 日本大学工業学校(定時制)として創立開校。
  • 1948年 - 学制改革により日本大学工業高等学校(定時制)となる。
  • 1966年 - 日本大学工業高等学校(全日制)として船橋市に新設開校。
  • 1974年 - 日本大学習志野高等学校に改称。
  • 1976年 - 工業科募集停止。
  • 2011年 - 理工学部船橋キャンパス内に新校舎竣工。
  • 2015年 - 校舎と体育館を結ぶ専用陸橋が完成。

部活動[編集]

運動系[編集]

野球部、卓球部、陸上部、バドミントン部、サッカー部、ラグビー部、剣道部、テニス部、ソフトボール部、ソフトテニス部、チアリーダー部、山岳部、フェンシング部、バスケットボール部、バレーボール部、水泳同好会

文科系[編集]

物理部、写真部、華道部、化学部、演劇部、英語部、生物部、吹奏楽部、書道部、放送部、文芸同好会、美術部、茶道部、生徒会運営委員会

アクセス[編集]

関連項目[編集]